振替休日の申請は必ず事前に行う決まり!その理由は法律にアリ

振替休日

振替休日と休日出勤はセット

Skyscraper 433844 640

社会人になると、取引先の都合やトラブルで、どうしても休日出勤をする機会がでてきます。そこで気になるのは、手当などの賃金面や振替休日といった休みの有無。

そこで休日出勤をするときに理解しておくべきポイントと、その理由を見ていきましょう。

休日出勤には振替休日と代休の2つがある

一言で休日出勤といっても、振替休日と代休の2通りあります。どちらも同じような意味で使われがちで、どちらも休日に仕事をすることには変わりはありません。

しかし、この2つには違いがあり、実は同じ働きでも給料が大きく違ってきます。

その理由は、振替休日が出勤の前日までに代わりの休日を申請して確定しておく必要があるという点

です。

振替休日の賃金が違う理由は申請のタイミング

休日出勤には振替休日と代休の2つがあり、賃金が違うことは伝えましたが、実際にはどれぐらいなのでしょうか。

振替休日は、申請するタイミングを守っていれば給料の割り増しなどは一切ない出勤日となります。

しかし、代休は給料の割り増しがあり、通常の給与額+35パーセントがもらえるのです。

結構な給料の違いですよね。

休日出勤をした際は、忘れずに申請をしておきましょう。

振替休日は事前に出勤日と代わりの休日が確定しているかどうか

企業が振替休日の制度を適用させるには、いくつか条件がありますが、一番重要なのは振替休日が、事前に休日出勤をする日と代わりの休日を、労働者と会社側で事前に取り交わして申請しておくという点です。これは法律で定められており、手続きを経て勤務日と休日を入れ替えるので、手当が出ないという解釈になるのです。

対して代休は、事前の予告がないやむを得ない休日出勤を指し、労働者が不利になるので、申請などなくても手当が払われるという訳です。

企業もそこは分かっているので、もし代休になった場合でも賃金を抑えるために振替休日の申請を推進しようとする傾向があるのは、それが理由です。

振替休日をスムーズに取得できるかは企業の風土が大きく関わる

Smartphone 505851 640

仕事にはストレスが付き物ですし、新社会人ともなれば覚えることが多いのでなおさら疲れがたまってしまうでしょう。そんな中で、現場に出れば残業や休日出勤もでてくるでしょうが、実際に振替休日を取得できるかどうかは、やはり企業の風土が大きく関わってくると言えます。

法律で定められた休日とはいえ、現実問題として取りやすい・取りにくいは社風次第なのです。

労働者ができることは休日出勤なしを目指す!

日本の悪しき習慣ですが、だれよりも早くきて誰よりも遅く帰る風習が、仕事をする上で偉いとはいえません。その理由は、効率よく仕事が出来る人は残業も少なく、プライベートや家庭も大事にしていて人生を楽しんでいるからです。もし上司が残業ばかりしていてもそれにずっと付き合うのが普通と思わずに、自分からどんどん会社を変えていくという気持ちで仕事をしていくことがあなたの働きやすい会社に繋がっていきます。

振替休日の申請を必ず事前に行う理由は賃金に関わってくるから!

休日出勤には振替休日と代休があります。

そして、事前に知らされているものが振替休日、事後に知らされるのが代休でその2つは給料も違ってくることをお分かりいただけたでしょう。

そして、企業が振替休日を推進し、申請させる理由も理解いただけたと思います。

組織の一員として、会社の方針に従うのは大事ですが、流されてしまうと徐々に感覚も麻痺して、正常な思考ができなくなります。労働者のもつ権利はしっかりと把握して、適正な時に行使していきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス