月曜日が嫌い!でも仕事は休めない人達へのアドバイス

アドバイス

月曜日が嫌いな人が多い!

月曜日は仕事の始まりを感じさせるので嫌いだという社会人は多いです。それに伴って、日曜日の夜まで憂うつになる人もいます。これを大衆アニメの放映時間を絡めて、「サザエさん症候群」ともいわれています。これは放映されているエリアのみに限られますが、日曜日の夕方にやるこの番組のエンディングテーマが楽しかった日曜日の終わりを告げるように感じられ、そのような名前がついたようです。

仕事が始まる月曜日の朝は憂うつ

日曜日の夜から始まって月曜日を朝まで続くこの気持ちの根底には、仕事が嫌い、行きたくないという気持ちがあります。誰しも休日は楽しいですが、仕事は大変なときが多いからです。しかし、これが高じると仕事がもっと嫌いになってに行けなくなったり、サボりたくなることもあります。

嫌いな月曜日を快適に過ごすためには

仕事が始まる嫌いな月曜日を快適に過ごすのは、簡単ではありません。しかし、日曜日の夜を少しだけリラックスして暗いことを考えないように過ごすだけでも次の日が少し楽になります。日曜日の夜は、月曜日の仕事で思い悩まないように、明るい音楽を聴いたり、楽しい時間を過ごしましょう。

気持ちのオンオフをつけよう

気持ちのオンオフを明確に分けられる人は、月曜日に対してもそれほどの嫌悪を抱かずに済みます。前週のミスは過去の事と考え、休みの時は楽しみだけを追求して嫌いな仕事についての記憶は忘れます。そうすると脳もリラックスをして疲れを癒せるのです。脳の働きが活発になると、明るい考え方ができるようになったり、未来への良いアイデアが浮かんだりします。

嫌いな月曜日を乗り切れば後が楽に

月曜日と言っても、単なる一週間の中の一日です。特別視をしないように、意識をそらすのも有効です。月曜日だから頑張ろうという気持ちが、無意識にプレッシャーとなるケースもあるためです。仕事量を減らして楽をしてみたり、一週間が長く感じられるなら、とりあえず一日だけ頑張って火曜日に辛かったら休もうと決めておくと楽になります。

月曜日って意外と速く過ぎていく

さらに月曜日というのは、なんとなくバタバタしており、そのどさくさで時間が意外と速く過ぎます。終わってみればなんていうこともなかったということもあります。これを経験して知っておくと、実際は月曜日が大した事がないことがわかるでしょう。

仕事が始まる月曜日が嫌いでも、そう身構えずに普段通りに過ごしてみよう

月曜日が嫌いな人は、仕事に不安があったりその一週間にきらいになりそうな事がありそうだと考えがちです。嫌な事はできるだけ考えないようにして前日を過ごして、気を楽にしましょう。意外と始まってしまえば、嫌いでも月曜日は速く時が過ぎてしまったりするものです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス