育児休業明け、パートでの復職は女性にとっての幸せなのか?

復職, 育児休暇

復職時に雇用形態の変更を会社から言われた場合

Student typing keyboard text woman startup

不景気とされる今、育児休業後に正社員から、パートへ変わってほしい、と復職の際に会社から言われる場合もあるかもしれません。しかし、それは拒否出来るのを知っておきましょう。会社は、育児休業を取得したいと申し出があれば、それを受け入れる義務があるのです。そして、勤務体系も、育児休業からの復職だからといって会社の都合では変更できないのです。

自分から、正社員からパートを希望する前に

育児休業から復職した後の不安は誰にでもあります。でも、子供が3歳になるまでは、時間を短縮して働くのが認められていますので、育児休業後にパートを希望して復職するよりも、正社員の時短制度を上手に活用すると方が良いかもしれません。

雇用形態に関わらずパートでも育児休業は取得できる

育児休暇は、原則として常用雇用の人なら誰でも取得する権利があります。正社員はもちろんの、長期間同じ会社で働いている契約社員、さらに派遣社員やパートタイムの労働者も対象です。そのため、パートで働いており育児休業から復職し、またパートで働くというのも可能です。

育児休暇が取得出来ない場合

しかし、休んでいる間に、雇用期間が切れてしまう人はどうしても取得は難しいでしょう。労働契約に期間があるような契約社員や派遣社員も場合は、同じ会社や雇用者に一年以上雇われていて、さらに育児休暇が終了する時にも、労働契約が続いている場合に限り、育児休暇の取得対象となります。

育児休暇が終わったらどうすべきか事前に考えをまとめておく

どうしても、育児休暇制度が充実してきた今でも、復職後は保育園に入るのも大変で、それなりに保育料がかかります。ですから、育児休暇開けに、どうしても仕事が続かない人も多いのが現状です。でも、働くことがだけが全てではないので、子供と一緒にいる時間を持ちたいと思う人も多いのかもしれません。

数年で子供は大きくなる、正社員で働き続ける方が将来の幸せにつながる

どうしても、子供が三歳になるまでは大変ですが、年少に上がれば、それまでの苦労は報われます。ですから、育児休暇明けが不安という人も、数年頑張ってみましょう。どうしても、仕事を辞めてしまったり、パートとして働くという選択もありますが、数年頑張ってみましょう。女性としても幸せは、ただ子供と一緒にいるだけでなく、家事と仕事の両立の中にも見えてくるはずです。

女性に寄り添ったサービスでキャリアをサポート

Libz

先の事を考えれば正社員として復職する方がオススメとお伝えしましたが、育児休暇の制度があるのか、名ばかりではなくしっかりと機能しているのかということは、意外にわからないという人も多いのです。そんな時に活用したいのが「LiBz CAREER」。キャリアを活かして働き続きたい女性に特化した転職支援サービスなので、ライフプランに合わせた働き方を徹底サポートしてくれます。まずは一度相談して、一人の社会人・母親としてどうなっていきたいかを明確にしましょう。

育児休暇後の復職はパートでなく正社員でした方が幸せをつかみやすい

今は、育児休業制度が充実しています。長期雇用の人なら、誰でも育児休暇が取得できます。でも、正社員として働いていた女性が 、復職する時に、はじめからパートを希望する女性がいますが、三歳までは、時短での労働が認められています。子育ては三歳になれば、とても楽になります。ですから、三歳までの数年だけでも、正社員として頑張ってみても良いかもしれませんね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月19日ビジネス