職場におけるホワイトデーのお返しの注意点!失礼なく喜んでもらうには?

ホワイトデー

職場ではホワイトデーも個別にお返しするべき?

まず気になるのが、職場という環境において、ホワイトデーのお返しを「個別にするか」「全体でまとめてしまうか」の二択でしょう。この問いには明確な答えはありません。所属する部署の雰囲気から、どちらの選択をするべきなのかを判断しましょう。

ホワイトデーのお返しで大切なことは「感謝の気持ち」です。そのため、個別にお返しをするべきだと思うのであれば、当然その方がいいでしょう。

ホワイトデーを「職場全員」でまとめてしまえば公平に

基本的に、こういったイベントにおいては、職場内の社員に差をつけてしまってはいけません。もちろんそれも社風によりけりなのですが。お返しを職場の全員に贈ることで、ささいなトラブルも起きず、むしろその一時はちょっぴり和やかな雰囲気になるでしょう。また、欲を言えば『個別包装されているお菓子』を購入してきて、ひとりひとりとコミュニケーションをとりながらホワイトデーのお返しとして渡して回れるとベストでしょう。

職場の女性に喜ばれるホワイトデーの品物選び

職場の女性にホワイトデーのお返しとして喜ばれる物としては、やはりスイーツが一番です。近所のケーキではなく、お取り寄せで有名なスイーツなどを選ぶとポイントが高いでしょう。職場でティータイムに女性で取り合って食べられるので、先で述べたように公平性が出るというメリットもあります。値段は明らかにチョコレートより高いものを選ぶのが基本です。ホワイトデーの予算として、「もらったバレンタインチョコよりやや高めの値段」という判断が一般的です。

ホワイトデー当日に不在の人には

たまたまホワイトデー当日に休暇を取ったり外出をしている女性もいるでしょう。その時には、日持ちの良い焼き菓子を用意しておくといいでしょう。ホワイトデー当日にならないとスケジュールが分からないケースもあるので、事前にいくつか用意しておくと良いですね。

ホワイトデーのお返しにユーモアグッズはリスクあり!

職場の男性がユーモアグッズとして下着やストッキングなどを選ぶ人が稀にいますが、こういったユーモアを取り込む際には要注意です。当然、セクハラと思われてしまいますので、肌に付けるモノは避けた方が無難です。どうしてもチャレンジすると言うのであれば、お菓子を配った上で追加として渡すようにし、単品で渡さないようにするべきです。それでも結局は贈らないようにするのが一番なのですが。

ホワイトデーのお返しを渡すタイミング

職場におけるホワイトデーのお返しを渡すタイミングとして、「休憩時」「残業時」のどちらかが狙い目でしょう。

休憩の際に渡せば、食べるのにちょうどいいタイミングですし、ちょっと小腹の空いた頃の残業時にお菓子を配るというのもいい判断と言えるでしょう。決して、ピリピリしているタイミングで渡すことのないようにしましょう。

職場のホワイトデーのお返しには「ありがとう」の言葉を付け加えよう!

職場におけるホワイトデーのお返しをどうしようかと悩むことで、かえってストレスを感じてしまう人もいるでしょう。そのため、早めに職場の男性同士で話し合っておくのもひとつの手です。ホワイトデーのお返しを渡す際には「ありがとう」の一言が大切となります。これは女性がお返しを受け取ったタイミングでも帰り際でも構いません。普段中々話す機会のない男性からのお礼の言葉だとしても、女性にとっては嬉しい事に変わりないのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス