アルバイト生活でも賃貸物件を借りる為に押さえておくべきポイント

アルバイト, 賃貸物件

アルバイトで賃貸物件を借りるなら保証人を立てる

Boots 181744 1280

賃貸物件の加入条件を満たしていても、アルバイトだから借すのを渋られる場合には、保証人を立てると認めてもらえる場合があります。連帯保証人は、契約者と同じ扱いを受けるので、契約者が家賃を支払えなくなった場合には、連帯保証人に支払い義務が課せられます。基本的に、親族が連帯保証人になりますが、身寄りが無い場合には友人でも認められる場合があります。

アルバイトで賃貸物件を借りるなら保証会社を利用しよう

賃貸物件によっては、保証会社を利用出来る場合があります。保証会社は、契約書が家賃を支払えなくなった時に、家賃を立て替えてくれます。そして、保証会社が賃貸物件の契約者に立て替えた家賃を取り立てます。結果的には家賃を支払うわけですが、賃貸物件の大家としては確実に家賃を得られます。賃貸物件によっては、保証会社の利用が必須になっている場合もあります。

アルバイトで賃貸物件を借りるなら収入と家賃を合わせよう

例えば月収10万円のアルバイト生活を送っているにも関わらず、家賃6万円もの賃貸物件を借りようとしても審査で落とされます。残りの4万円で生活をするのは、まず不可能と考えられてしまい、家賃を滞納する可能性が高いと思われてしまいます。収入と家賃は必ず見比べて、相応しい家賃の賃貸物件を申込みましょう。

一般的に許容される月収における家賃の割合

一般的には、月収の3分の1~4分の1程度の家賃の賃貸物件を借ります。これを越える家賃になると、生活が圧迫される可能性が高いです。実際には生活できたとしても、いつ家賃を滞納してもおかしくないと判断されて、入居審査に通りづらくなります。

アルバイトで賃貸物件を借りるなら親の名義で契約するのもアリ

Shutters 669296 1280

アルバイトで収入が乏しく安定しない場合には、親の名義で契約する事で入居審査に通りやすくなります。親の仕送りによって家賃を支払う旨を大家に伝えて、親の名義で契約させてもらえれば、年金暮らしで生活が厳しい場合を除いて、賃貸物件の入居審査にはほぼ間違いなく通ります。

友人へ迷惑かけるのは避けた方がいいかも

友人の名前を借りて契約することは規約違反です。また、保証人に友人を選んで、家賃を滞納してしまうと友人に家賃の請求が行ってしまうので、もし友人に頼むのであれば確実に家賃を支払わなければいけません。現代では、アルバイトで生活している人物も非常に多いので、そういった人向けの賃貸物件も多く存在します。入居審査が甘い代わりに、保証会社の利用が必須であったりと、余計に初期費用がかかるケースが多いです。

アルバイトで生計をたて賃貸物件で暮らすなら上記のポイントに気を付けよう

賃貸物件を選ぶ際には、アルバイト先から近い場所を選んでしまう場合があります。しかし、アルバイトはいつ退職を命じられるかわからないので、アルバイト先の場所に合わせて賃貸物件を契約するのは避けた方がいいでしょう。賃貸物件の契約には、初期費用もかかる上に、退去時には原状回復の為に壁紙代を請求されたり、引越しにも料金がかかります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス