【もう無理!】アルバイトを即日退職する際に押さえておくべきポイント

アルバイト, 退職

アルバイトを即日退職するポイント① 損害賠償請求される可能性

Despair 513529 640

会社としては費用をかけてアルバイトの広告求人を出しており、それによってアルバイト候補生を天秤にかけて、採用と不採用を決めます。採用した人物が即日退職してしまえば、他の不採用者を逃した事になります。また、それに合わせてシフトを組んでいる場合には、即日退職されることで店を管理する人物がいなくなり、その日は閉店せざるを得なくなる場合もあります。そうなると損害賠償請求される可能性があるというのがポイントです。

ただ、アルバイトに損害賠償をするには相当な事由が必要

損害賠償を請求する為には、アルバイトが相当な過失や故意による重大な損害を会社に与えていなけないのがポイントです。少額のレジミスなど、業務上で起こりうるミスの場合には、それを理由にして損害賠償を起こす事はできません。その為に、即日退職をしてもそれによって大きな不利益がもたらされない限りは、損害賠償は請求できません。なので、アルバイトを即日退職する際のポイントではありますが、実際に損害賠償される可能性はかなり低いのでそこまで気にしなくてもいいポイントです。

アルバイトを即日退職するポイント② 引き止められる可能性

即日退職を願い出た場合には、引き止められる場合があります。会社側としては、まだ業務の内容も理解してもらっていない状態なので、退職を急ぎすぎている印象を受けます。その為に、内容を充分に把握して、実際に業務をしてから退職するかどうかを決めてほしいという内容で引き止められます。意思が固まっているのであれば、退職したい真っ当な理由を用意するのがポイントです。

条件を提示して様子を見るのもポイント

会社の業務内容に著しい不備がある場合には、それを理由にして即日退職を願い出る場合があります。その場合には、著しい不備の改善を会社に求めて、条件を提示して様子を見るのがポイントです。本当に仕事上の不備が改善されれば、アルバイトとしても仕事がしやすくなるので大事なポイントです。

アルバイトを即日退職するポイント③ その日の給与の支払い

Burnout 384083 640

アルバイトで即日退職を願い出た場合には、その日の働いた時間分の給与は必ず支払ってもらいましょう。即日退職をして迷惑をかけたのと、給与の支払いは別の問題です。たとえ損害賠償が発生したとしても、給与と打ち消す形で支給しないと、会社側が勝手に決められません。

もしアルバイト代が支給されなかったら労働基準監督署を活用しよう

アルバイト代をいつまで経っても振り込んでもらえない場合は、労働基準監督署を経由して請求しましょう。ただし、自分が著しい損害を会社に与えているのであれば、直接会って話し合うのもポイントです。アルバイトとアルバイト先はお互いに利害関係があるので、どちら側も横暴な態度をとる事はできません。

アルバイトを即日退職する際のポイントをもとに本当に辞めるのか考えよう

アルバイトと言えども、即日退職すると会社に迷惑をかけてしまいます。一度自分がアルバイトをしようと考えたのであれば、即日退職するのではなく短くても一ヶ月は仕事をすることが大切です。自分ができるとこまで働いて、それでも退職したいと思う場合に限りポイントを押さえつつ行動に移しましょう。安易にアルバイトを即日退職をするのは、自分にとってデメリットが大きいです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日転職