【仕事は続けたい…】会社に降格願いを出す際に押さえておくべき事

2017年7月10日降格願い

会社に降格願いを出して絶対に後悔しないか

%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90%e3%80%80%e3%81%9f%e3%81%9d%e3%81%8c%e3%82%8c

降格願いを会社に提出して、それを受理されてしまえば、指定された日付から役職を降りることになります。やり残した仕事が無いかよく考えましょう。降格願いを提出すると、給与水準も下がります。そうなれば住宅や車のローンが支払えなくなったり、子供の学費の支払いに追われる可能性があります。

降格願いを会社に出すと二度と出世できない可能性がある

会社の方針で、一度降格願いを出した人物は今後一切の昇格を認めないという会社があります。会社としては仕事の評価を上げる努力をして昇進する社員を求めているので、そのような措置をとっている会社はけっこうあります。再出発を考えているのであれば、まずは会社の方針を確認するのが大切です。仕事の内容など、降格したい理由によっては、一時の我慢で乗り越えられるケースもあります。

会社に降格願いを出すなら納得してもらえる理由を考えよう

会社に降格願いを出す際に、一番大事な項目が降格した理由です。仕事が会わないど、人によって理由は違うでしょうが、この理由の内容によって、会社に納得してもらえるかどうかが変わります。会社に納得してもらえて、悪い印象を与えずに降格し、そこで仕事の成果が出せれば、いずれ再び昇格もできるでしょう。

降格願いを出す理由はポジティブなものにしよう

降格願いを提出した理由がネガティブな内容であれば、悪い印象を与えてしまう可能性があります。できるだけ、降格したい理由はポジティブな内容にして、降格後の仕事に影響を及ぼさないようにするのが大切です。そして、その考えに至った経緯を会社の人事担当者に話して、表面上ではなく詳細な部分まで知ってもらうのが大切です。そうすれば今後の仕事もやりやすくなり、降格後に仕事で成果を出し、再評価されやすくなるのです。

会社の判断によっては必要以上の降格をされてしまう可能性も

自ら降格願いを出す場合には、十分な理由が必要です。理由によっては引き止められてしまいます。そして、降格願いを出す時の態度によっては、必要以上の降格をさせられる場合もあります。本人が希望していることは、現在の役職を退き、別の仕事をするというものなので、必要以上の降格は場合によっては無効になります。

情状酌量の余地を求めよう

降格願いを出す際には、情状酌量の余地を求めて、会社に不当な降格をされないように注意しましょう。やる気が無いと判断されてしまえば、今後の出世ができないような部署に転勤させられる可能性があります。その時の態度や伝え方によって、降格の内容が変わるので、受理されるまで油断しないのが大切です。結果的、自分にとっても会社にとってもメリットがある内容の降格にするのが重要です。

降格願いの会社への出し方によっては、今後の仕事に大きな影響を及ぼす

降格願いを会社に出すと、今後の仕事に大きな影響を及ぼします。降格したい理由によって、今後に良い影響を及ぼすのか、悪い影響を及ぼすのかが変わります。自ら、降格を願い出るのは、会社から与えられた地位を放棄するということです。重大な出来事と考えて、降格する理由は充実した内容にするのが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月10日ビジネス

Posted by BiZPARK