安易な願い入れは避けよう!降格願いを聞き入れてもらいやすい理由3選

降格願い

降格願いを会社に聞き入れてもらいやすい理由① うつ病

会社に降格願いを聞き入れてもらいやすくなってきている理由としては、うつ病を理由とした降格願いが挙げられます。うつ病は精神疾患なので、客を相手に仕事をしている場合には大きな影響を与えます。会社としても、営業で失敗されてしまえば、少なからず会社に損害が与えられるので、降格願いを聞き入れてもらいやすいです。

うつ病を理由にした降格願いは伝え方が重要

うつ病は、会社に理解されるまでに非常に時間がかかります。単純にやる気が無いと思われてしまったり、降格願いを出すと退職を勧められる場合もあります。うつ病であっても、与えられた仕事を日頃からこなしておいて、降格後も仕事を確実にこなす約束をすることで、会社に降格願いを聞き入れてもらいやすくなります。

降格願いを会社に聞き入れてもらいやすい理由② 育児や介護

会社に降格願いを聞き入れてもらい理由に、育児や介護を理由にしたものがあります。育児はシングルマザーやシングルファザーで行っている場合には、会社で働きながら育児をすることは可能でも、残業で夜遅くまで残るのは難しいです。その為に、高い地位を築いていても残業が少ない部署に異動させてもらい、それが結果的に降格になる場合があります。親の介護に関しても同じことが言えます。

育児や介護を理由にした降格願いは状況を詳しく書こう

会社に降格願いを文書で提出する際には、具体的にどういった状況で育児や介護をしているのかを記載するのが大切です。その状況では、現在の立場では生活していくのが難しいとされた場合には、会社に降格願いを聞き入れてもらえます。その時の状況をより詳しく記載するすれば、同情や共感をしてもらえます。

降格願いを会社に聞き入れてもらいやすい理由③ 会社の将来のため

降格願いを出す理由としては、うつ病や育児や介護だけではありません。長年、上の立場で仕事をすると部下の気持ちがわからなくなったり、会社に必要な物を見いだせなくなる場合があります。その際には、一度降格して部下の気持ちを体感したり、一歩引いて会社の状況を見ることで、現在足りない物が何なのかを知る機会を得るのも重要です。

会社の将来のための降格願いは再昇進が前提

育児やうつ病以外の理由で降格願いを出す場合には、再昇進を前提として降格願いを提出するのが大切です。安易な理由で降格願いを提出してしまうと、それを機に出世街道から外れてしまう可能性が高いです。また、会社の風潮によっては降格願いを出した人物には、退職を勧めている場合もあるので注意しましょう。

降格願いを会社に聞き入れてもらいやすいよう具体的な理由を書こう

会社に降格願いの内容一つで、降格願いを聞き入れてもらえるかどうかが変わります。重要なのは、具体的な理由を書くことです。共感してもらえれば、降格をしてもほとんど変わらない給与で雇ってもらえたり、あらゆる情状酌量の余地を見出してもらえます。降格願い一つで全てが変わるので、作成には細心の注意を払いましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス