インテリアコーディネーターの仕事に就くための志望動機

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの仕事は心地よい空間作り

A

普段、私たちは誰しも生活空間となる「住居」を持っています。そこには机、椅子、ベッド、タンス、本棚、ランプなど、生活していく上で必要となるものが揃っているはずです。そして、そういった生活に必要なものには、基本的に大きな違いがありません。そういったインテリアを用いてストレスなく快適に過ごす空間を作り出すのが、インテリアコーディネーターの仕事です。

深い知識と柔軟な思考が求められる監督のような仕事

インテリアコーディネーターとは、プロデューサーや監督に近い仕事です。そんなインテリアコーディネーターには、インテリアや住宅、デザインプロダクトに関しての深い知識を有し、専門的な技術と状況に応じた柔軟な思考が求められます。また仕事の際には、照明やカーテンなどの細部に意識を配りながらも、空間全体の雰囲気を常に頭に維持しておかなければいけません。マクロとミクロの視点を同時に持つことが、インテリアコーディネーターの仕事に就く条件なのです。

インテリアコーディネーターの志望動機はシンプルに伝える

インテリアコーディネーターの仕事に就く面接では、もちろん志望動機も聞かれるでしょう。ここで大事なのは、無理に特別な志望動機を考えないことです。志望動機では、なぜインテリアコーディネーターになりたいのかを答え、誰のためになりたいのかを伝えます。インテリアコーディネーターは人の役に立つ仕事ですので、その志望動機では、お客さんとなる相手の顔をイメージできているかが大事なのです。

効果的な志望動機:「相手の意図を組んで空間に反映させることが好き」

インテリアコーディネーターは、商品プロダクトを生み出すわけではなく、空間を演出する仕事です。そしてその空間には、人が存在します。自分の好きなように空間を演出して人を住まわせるわけではなく、そこに住みたい人と思っている人が、気にいるような空間を設計するのです。ですので、インテリアコーディネーターとしての志望動機で答えたい内容の1つに、「人の話をじっくり聞いてから意図を組んで、空間に反映させることが好き」という内容があります。万が一、志望動機が定まらない時に使えるので、覚えておきましょう。

インテリアコーディネーターの仕事に就くのは大体が転職者

インテリアコーディネーターの仕事が小さいころからの夢だった人は、実はあまり多くないです。多くのインテリアコーディネーターが、転職を機会に仕事に就いています。ですので、面接官もインテリアコーディネーターの仕事をしたい志望動機には、興味を持つのです。インテリアコーディネーターを目指すきっかけとなった志望動機次第で、その仕事を長く続けられるかどうかが決まるでしょう。

仕事においては物を見るセンスとヒアリング能力が必要となる

インテリアコーディネーターへの転職に望む際に、その仕事で求められるものを知っておくのは、とても大事です。インテリアコーディネーターには、ある程度物を見るセンスはもちろん、人の話をじっくりと聞けるヒアリング能力が必要となります。医師のようにお客さんの話を聞き、空間に目を凝らして問題を解決し、新たな生活空間を作り出すことが、インテリアコーディネーターの仕事では求められているのです。

インテリアコーディネーターになる面接では仕事の特徴を元にした志望動機を伝えよう

以上、インテリアコーディネーターの仕事に就くための志望動機をご紹介します。インテリアコーディネーターの仕事に就きたい場合、その志望動機を答える際には、前職についてもはっきりと伝えましょう。それは、仮に直接インテリアコーディネーターの仕事に関係なくても、適応となるルールです。前職を伝え、そこからどのようなプロセスを経てインテリアコーディネーターの道に進もうと考えたのかなどを志望動機に交えると、面接官の印象にも残ります。また、前職での経験を、どのようにインテリアコーディネーターの仕事に還元できるのかを伝えると、好印象を与えられるでしょう。しっかりとポイントを押さえて、インテリアコーディネーターの仕事に就く効果的な志望動機を考えてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職