年収1000万円も可能?介護・福祉職で高年収を得る方法

2016年11月29日介護職, 福祉職

年収1000万円の老人ホームスタッフ

Lgf01a201304231500

とある老人ホームでは年収1000万円を稼ぐスタッフになることも夢ではないといわれています。施設で1000万円を稼ぐスタッフは、どういった人たちなのでしょうか?ご紹介します。

資格に基づいた手当もある

スーパー技能士は、介護職員初任者研修を修了した者です。

その上位資格として、3年の実務経験を必要とする介護福祉士までの中間的な資格として導入された会社独自の資格で、センター長の推薦に基づき会社が実施する検定に合格した者に対して付与されます。

資格手当もありますので、より多く稼ぐ事が可能です。

どうすれば年収1000万円の介護職に?

普通に介護施設で働くだけでは、年収1000万円には到達しません。そこで、年収1000万円の介護職員になるためにはどういった方法があるのでしょうか。今からご紹介していきます。

ブランド力のある介護職になろう

年収1000万円を稼ぐためには「ブランド介護職」になる事が重要なのです。

『ブランド力もった介護職』は、これこそ「稼ぐ」介護職・介護福祉士が目指すものです。個人のブランド力こそ「その人にしかない」スキルなので、こちらを目指してみるのがオススメです。

若い企業で働きオープンする施設の施設長候補として勤務すれば近道に

まだ若い企業で働く事が稼ぐ介護業界の近道です。経営者が、事業家としてきちんと頑張った社員にポストを提供し、見合う報酬も支払う。

こんな企業でしたら、介護業界でも稼げるんです。今後オープンする施設の、施設長候補として勤務すれば良いのです。

いち早く管理部門に入ろう

介護事業には管理部門と現場部門の2種類があるようです。その2種類ですが、

・施設長、管理者は管理部門

・介護専門の職員は現場部門

当然、介護専門職の方より管理の方が収入は高いです。いち早く、この管理部門に入る事が介護で稼ぐ基本中の基本です。

実は介護・福祉職は夢のある仕事!

悪いイメージが強い介護・福祉職ですが、高齢化に伴い利用者が増えている現在。実は、非常に夢のある市場とも言えます。ここでは、介護・福祉職の夢あるお話をご紹介します

20080827 107952

介護・福祉職はキャリアアップの可能性が無限大!

施設を一つお任せし資金などの援助を行いながら実践を積んで頂きます。

まずは介護ヘルパーを行い、1~2年後に施設長として活躍してください。これまでの介護ヘルパーの経験を活かし、更なる成長をしてみませんか?

介護・福祉職で年収1000万を越える為にも独立を視野に入れる!

今回は介護・福祉職で年収1000万を越える為に必要な事をご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

年収1000万円というのは決して安い額ではありませんので、それなどの努力が必要です。会社員として働くだけでなく、独立を視野に入れた仕事をして、キャリアアップの為の道を進めば、夢の年収1000万円も少しづつ見えてくるかもしれません。介護・福祉職でより高みを目指すなら、そうした働き方を心掛けてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK