35歳で未経験職種への転職を成功させるためのポイント~年収ダウンのリスクを避ける方法とは~

未経験

35歳でも未経験職種への転職は可能

08d1c72d375b3cc7

「35歳限界説」という言葉があるように、35歳での転職は厳しい、そう一般的に言われ続けています。しかし、総務省統計局の「労働力調査 平成28年平均結果」によると、2016年に転職した306万人の内、60万人が35~44歳です。この結果は、1位の25~34歳(77万人)に次いで2位となっています。つまり、35歳からの転職は十分可能だといえるでしょう。もちろん、その中には未経験職種に転職している人もいます。

未経験職種に転職できる実力があるかを知っておくべき

35歳からでも未経験職種に転職できることが分かりました。しかし、すべての人がそうであるとは限りません。自分の実力以上の企業を志望しても、そう簡単には受からないでしょう。そのため、自分の実力を知っておく必要があります。

そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

35歳で未経験職種の大手企業に転職するのは難しい

Dfa04941529a8f26

転職をきっかけに、大手企業で勤めたいと考える人もいるでしょう。しかし、35歳で未経験職種希望である場合は、難しいといえます。やはり、大手企業の仕事はハイレベルですので、業界・職種経験者の即戦力を求める傾向が強いです。

35歳という中堅ポジションで未経験だと、大手企業は中々採用してはくれないですが、可能性が無いわけではないので、挑戦する価値はあります。

中小・新興企業を狙うと運営側として重宝される場合も

どういった企業であれば採用される傾向が高いのでしょうか?

それは、中小企業や新興企業(ベンチャー)です。比較的柔軟な姿勢で求人をする新興企業の場合は、転職の可能性が広がります。

また、会社自体が新しく若年者を多く採用していると、社員をまとめてくれるような年齢の管理職者がほとんどいない状態になります。円滑に会社を運営するためにも、35歳くらいで管理職を務められるような人材を欲していることもあるのです。

未経験職種への転職を成功させるポイント

91d38ac537f7a722

次に、35歳から未経験職種への転職を成功させるポイントを紹介します。履歴書や面接でアピールするポイントにもなります。決して簡単ではない35歳からの未経験職種への転職を成功させるためにも、おさえておきましょう。

マネジメント能力の高さを伝える

35歳で未経験職種への転職を成功させるのに必要なのは、何よりも「マネジメント能力」だと考えられます。人と人とをつなげて、職場の雰囲気を良くする役目ができる人材ならば、35歳で未経験の業界や職種であっても欲しいといってくれる会社はあります。もし、面接まで進めたら、マネジメント能力についてアピールするべきでしょう。

マネジメント経験のエピソードがあると尚良いです。

情報収集を徹底して少しでも即戦力になることをアピール

214a8069261966f7

未経験職種への転職とはいえ、35歳で一からすべてを学ぶというのも簡単ではありませんので、ある程度の業界・職種の知識は自分で勉強しておきましょう。そこで得た知識は面接での話題作りに役立ちますし、挑戦したいという熱意が伝わりやすくなります。

一からすべてを教えてもらえるような新卒ではなく、中堅ポジションにいるという姿勢で臨むことを自覚しておきましょう。

資格取得は効果的

未経験職種に転職する際は独学でもいいので、資格を取得するのがオススメです。資格はスキルを持っていることを証明するものです。未経験職種であっても、資格があるというだけで優遇される場合があります。書籍を買うのも良いですし、通信講座を受けるのも良いでしょう。

時間に余裕がある人は、ぜひ資格取得を目指してください。

ビジネスマナーは必須

35歳は中堅ポジションになりますので、ビジネスマナーは必須になります。約10年間の社会人経験があるわけですので、ビジネスマナーが身についていない人は面接で落とされる可能性が高くなるといえるでしょう。

特にマネジメント経験をアピールする人は、ビジネスマナーが身についてなければ説得力がありませんので、注意してください。

35歳で未経験職種に転職すると年収が下がる可能性がある

218f8a603d3da3af

転職をすると年収が上がることがありますが、未経験職種の場合は今より下がる可能性が高いです。当然、仕事に関してはゼロベースから始めることになりますので、会社としてもそこまで高い給料は払えません。

もちろん、年収が上がる可能性はありますが、あまり大きな期待は寄せれないでしょう。

転職エージェントに年収交渉をしてもらうと良い

年収が下がることに抵抗がある人は、転職エージェントを利用するといいかもしれません。転職エージェントは、あなたに代わって企業に年収交渉をしてくれます。転職のプロが交渉してくれますので、年収がアップする確率は上がるでしょう。

転職エージェントでおすすめなのが、「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界実績No.1を誇りますので、安心してハイレベルなサポートが受けられます。無料ですので、ぜひ利用してみてください!

35歳で未経験職種に転職するにはマネジメント力をアピールしよう

35歳で未経験の職種に転職する方法についてご紹介してきました。

35歳にもなって未経験の業界・職種に転職ができるのか、そう不安に感じる方は多いと思います。しかし、マネジメント能力をアピールしたり、資格を取得したりすることで、35歳ならではの強みや熱意を伝えることができます。

また、doda合格診断やリクルートエージェントを利用することで、35歳から未経験職種への転職が成功する可能性が上がりますので、ぜひ利用してみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年11月11日転職