獣医師は本当に高収入?気になる年収事情

獣医師

獣医師の年収は600万円前後

Dog 1191662 1920

まず結論から見ていきますと、獣医師の年収は600万円前後と言えます。しかもこれは、院長クラスの年収です。したがって、院長クラスの年齢の方を覗いて、その他の年代の獣医師の方の平均年収を見ていくと、ますます下がると言えるでしょう。ほとんど普通のサラリーマンと変わらないか、あるいはそれよりも低い場合もあります。

一般的なサラリーマンの年収と大差ない

もちろんある程度の年収はもらえているので、獣医師という職業が薄給であるとは言えません。ですが、決して高い年収とも言えないのが現状です。そのため、獣医師=高収入というイメージは、ほぼ間違いといっても良いでしょう。普通のサラリーマンの人達とほとんど変わらないような年収で頑張っているのが、獣医師なのです。

年収2,000~3,000万円を稼ぐ獣医師もいる

ただもちろん、獣医師の中にも多くの年収を稼げる人はいます。たとえばその地域にちょうど獣医が無かったり、それでいてかつその地域に動物を飼っている人が多かったりしたら、その地域で開業した獣医師は、ある程度高い年収が期待できるようになるでしょう。中には、2,000~3,000万円の年収を稼ぐ獣医師もいます。ですがそれは、一握りといえるでしょう。

開業しても年収はあまり変わらない

ほとんどの場合、獣医師は開業してもあまり年収は変わらないでしょう。もちろん、経営が軌道に乗ればある程度は増えていくでしょうが、それでもかかる苦労と精神的なプレッシャーを考えると、増えた分も微々たるものだと言えます。せいぜいで年収100~200万円増えるくらいでしょう。したがって、獣医師に限っては必ずしも開業がプラスになるわけではないのです。

獣医師の年収は責任や苦労を考えると適切とは言えない

こうした獣医師の年収は、仕事における苦労に比べたら適切とは言えないでしょう。獣医師も普通の医師と同様に命を預かるわけですから、仕事内容はとてもハードになると言えます。少しのミスも許されませんから、精神的にもつらいでしょう。休みも、年間で70日あれば良い方なくらいです。それなのに、サラリーマンくらいの年収しかもらえないのは、低い年収といってもよいかもしれません。

年収以外に目を向けて仕事をするのが吉

ですから獣医師の仕事は、適切な年収を貰えているとは言いづらい状況にあります。そんな中、それでも獣医師になりたいと思うのであれば、年収というお金以外のところに目を向けて獣医師になるのが良いでしょう。やりがいが見つかれば仕事内容の割に年収が低くても、精神的に耐えられるようになっていくはずです。

獣医師の年収は600万円前後と比較的低めであり開業してもあまり変わらない

以上、獣医師の年収事情でした。獣医師の年収は600万円前後と、なかなかツラいものがあります。しかし、それでも獣医師は世の中に必要とされていますし、やりがいもたくさんあるのです。したがって、お金以外でやりがいが見つかれば、獣医師として使命を全うできるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職