緊急連絡先の相手を選出する際の適切な考え方

2017年12月1日連絡先

緊急連絡先、その言葉が意味するもの

C071fa19de3683ba

緊急連絡先というのは、勤務に関わる状況において、自社の社員に何らかのトラブルが発生した場合に、会社が問題を知らせるために利用する連絡先のことです。

会社は社員の安全に責任を持つことを義務づけられており、問題が生じた場合は、その解決のために行動をしなくてはなりません。そのために入社時に緊急連絡先の提示を求めます。

緊急連絡先が利用されるケース

入社時に必ず聞かれる緊急連絡先ですが、どういったときに利用されるのか。

緊急というぐらいですから、めったなことがなければ連絡先が使われることはありません。勤務中や通勤中に命に関わるトラブルが起きた場合、また本人と連絡が取れなくなってしまった場合などに、緊急連絡先への通知がなされます。

一般的に想定される緊急連絡先

緊急連絡先として記入される番号は、大体において社員の家族のものになります。同居している、していないにかかわらず、既婚者なら配偶者、そうでないのなら親兄弟というのが一般的ですね。

入社の際、記入事項について会社に確認してみても、おそらく家族の記入を推奨する答えが返ってくるはずです。

緊急連絡先として必要な条件を満たしているのが家族

家族の連絡先を緊急の連絡先にと推奨されるのは、家族が一番必要な条件を満たしているから。入社後、本人に何かあった場合に、一番先にその状況を報告する相手として、家族がふさわしいと考えられているからに他なりません。

本人のことを理解していて、事態の解決に協力ができて、連絡がつきやすい環境であること。それが、会社が緊急連絡先の相手に求める条件です。

該当する家族がいないときの緊急連絡先は?

入社した会社の勤務先によっては、家族が離れたところに住んでいるなど、何らかの事情により、家族の電話番号を緊急連絡先に書けないという人もいるでしょう。

家族はいきなり作れるものではありませんから、いなければ諦めるしかありませんが、それはそれとして緊急連絡先の相手にふさわしい誰かを見つけなければなりません。

緊急連絡先の記入なしでは入社の手続きができず、会社に勤めることができなくなってしまいます。

友人でも恋人でも何かあった場合の連絡先にふさわしい選定を!

緊急連絡先というのは、会社に勤めるためにも必要ですが、自分が何かあった時に正しい対応をしてもらうためにも必要なものになります。

友人でも恋人でも、ふさわしい人がいるのなら記入して構いませんが、本人に確認をとっておかなくてはいけません。

少なくとも緊急連絡先として名前を貸してもらうということへの、許可だけは忘れずにとっておいてください。

どうせ何もないだろうといい加減なことをしてはいけません。何かあったときに、困るのは自分だということを肝に銘じて正しい判断をしましょう。

入社時に必要な緊急連絡先は家族にしておくのがベター

緊急連絡先として最適なのが家族です。

また、誰を緊急連絡先の相手とするかという問題は重要ですが、それ以上に緊急連絡先を使わずに済むよう、注意して業務に勤しんでいくということが大切です。

緊急連絡先として誰かの名前を記入する際には、その相手に迷惑をかけないように、できる限り安全に努めつつ行動できるよう、今一度決意を新たにしておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年12月1日転職

Posted by BiZPARK