年末調整時に税務署への提出で必要な書類と期限

2017年1月16日年末調整, 税務署提出

そもそも年末調整とは何か?

Tax 468440 960 720

年末調整とは、サラリーマンなどが払い過ぎた、もしくは払い足りない分の税金を調整するために行います。サラリーマンが年末調整の際に税務署に行かなければならない、というわけではありません。

基本的には、働いている企業の、経理や総務が年末調整の手続きをしてくれます。そのための準備としては、きちんとした内容を記入する、必要書類がいる場合は用意をするということになります。

税務署提出をする書類

年末調整で税務署に提出する書類には、「法定調書合計表」と「源泉徴収票」、「報酬・料金等の支払調書」、「不動産の使用料金等の支払調書」など、それぞれ該当するものを税務署に提出します。税務署への提出する書類は1月31日までに提出するようになっています。

「住宅控除申告書」や「保険料、配特控除申請書」、「源泉徴収簿」などは、税務署への提出は必要ありません。この書類は会社で保存しておけば大丈夫です。

税務署提出するべき源泉徴収票について

税務署へ提出する源泉徴収票ですが、中途退職者がいる場合にはどうすれば良いのか分からなくなってしまうかもしれません。中途退職者の源泉徴収票は、250万円未満であれば提出しなくても大丈夫です。ただし、中途退職した人が役員である場合には提出が必要になってくるので、源泉徴収票も持っていきましょう。

郵送でもOK

提出方法ですが、税務署へ直接持っていっても良いですし、郵送でも提出できます。税務署への提出書類は時期的にも仕事始めのときでバタバタしがちですので、郵送だと助かりますね。

税務署提出には期限がある

税務署へ提出する書類以外のものになりますが、従業員の住所の該当市町村へは「給与支払報告書」と「総括表」を1月31日までに提出する必要があります。年の終わりごろは年末調整に追われ、年の初めには税務署への提出書類の期限がきます。いろいろな仕事と重なり合って忘れてしまいがちですが、仕事のスケジュールを立て、提出書類を期限まで出せるようにしておきましょう。

Bulb 611410 640

市町村に提出する書類も忘れずに

市町村へ提出する書類についても、提出方法は直接各市町村役場に持っていっても良いですし、郵送でも受け付けてくれます。書類がちゃんと届くかどうか心配なら持参することをおすすめします。

年末調整の時期の税務署提出書類は事前に準備!

年末調整での税務署提出書類について見てきましたが、いかがでしたか?

どの書類も必要不可欠なものなのでミスがないようしたいですね。チェックリストを作成して、提出忘れがないようにしましょう。記入漏れを防ぐようにしましょう。わからない部分は経理の上司や税務署聞いて解消するようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK