歓送迎会における適切な時間配分の調整法

2017年7月11日飲み会

うまく使いたい!歓送迎会での時間配分

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%83%e3%83%81

歓送迎会の時間配分を失敗したために、全てが台無しになったといわれるほど辛いものはありません。せっかくの機会なので、歓送迎会を思いっきり楽しみたいものです。スケジュール通り決められた時間配分も大事ですが、当日は何が起こっても大丈夫なように臨機応変に時間配分を融通が利くようにしておくことが大切です。

臨機応変に時間配分を調整する

スケジュールを事細かく決めることが時間配分ではありません。中にはスピーチが伸びたり、積もる話がたくさんあって予定してた時間が超える場合もあります。どの部分を削って、どの部分を延長したらよいのか、その場で臨機応変に対応することが時間配分の調整と言えます。

時間配分を制するものは歓送迎会も制する

533eff5189e47cac

歓送迎会において今回紹介していく、時間配分については非常に大事な要素になります。基本的に、時間配分をうまく駆使することができる人が進行役となれば、歓送迎会は順調に進みます。

時間配分は仕事の評価にも影響が出る可能性がある

歓送迎会で時間配分を頼まれた人が結果的に失敗した場合、普段の仕事でも適切な時間配分で業務を遂行していないと思われるかもしれません。そのようなことを避けるためにも、時間配分は予めしっかりと考えておきましょう。

歓送迎会における適切な時間配分

Cold beer 564401 640

altビール

歓送迎会において時間配分を設定する際には、まず全体の時間と流れを把握しましょう。そして、どの部分に一番重点を置くべきかをよく吟味しましょう。絶対に時間の尺を変えてはならない部分と、多少変更しても構わない部分をあらかじめ決めておくことで、当日にハプニングが起こったとしても、スムーズに時間調整を行うことができます。

一般的な歓送迎会の時間配分を知ろう

では、時間配分をするうえで、歓送迎会をどう組み立てていけばいいのか、基本を知っておくべきです。ここで参考までに、一般的な歓送迎会の流れと時間配分を紹介しますので、知っておくとスケジュールが立てやすいです。

歓送迎会の基本的な時間配分

●開会の辞:司会者

●挨拶:一番偉い人(送る人への感謝と向える人への歓迎)

●送迎者紹介:人事関連の責任者

●歓迎者紹介:同上(ここまてで10分程度)

●乾杯

●歓談(20分ぐらい)

●歓迎者自己紹介:各自5分以内(新人さんなら五十音順、中途採用の方なら年齢順)

●歓談(30分ぐらい)

●送迎者挨拶:各自5分以内(職歴の長い順)

●閉会の辞:司会でも偉い人でもどちらでもよい

以上で100分弱ですが、進行に余裕を持たせるためには丁度良いでしょう。

歓送迎会における適切な時間配分に関してきちんとおさえておきましょう

この記事では、歓送迎会における適切な時間配分の調整法について紹介していきましたが参考になりましたか?新人社員などこういった飲み会の幹事を任されることが多いのです。このような歓迎会などは仕事外のことではありますが、スムーズに会を進行する能力などは見られています。歓送迎会における適切な時間配分の調整法をおさえて、あらかじめ時間配分を考えながら進行することで、歓送迎会を成功させましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月11日ビジネス

Posted by BiZPARK