ヒューマンエラーによるリスクを回避するアイデア【事例あり】

ヒューマンエラー

ヒューマンエラーは甚大な被害や損害をもたらす可能性がある

Boy 666803 1280

ヒューマンエラーとは、人が原因となって起こるミスのことを指します。ヒューマンエラーはちょっとしたミスで済めばいいですが、深刻な事故やトラブルにつながった事例も多くあるのが事実です。例えば、数字の入力を誤ったために本来の100倍以上もの商品を発注してしまった、速度計を見誤ったために速度超過をして事故を起こしてしまう、など「些細な」ヒューマンエラーが甚大な損害につながるケースが存在すると言えるでしょう。最悪な事例としては、人の死に関わったものがあるほどです。

未然にリスクを回避する必要がある

昨今では、インターネットのブログやSNSなど、通信手段・情報共有手段が発展して便利になり、社会や消費者の声が届きやすくなりました。そのため、ヒューマンエラーによる被害や損害に関する情報がすぐに拡散されるようになったのです。もちろん、良い評判も届きますが、悪い評判や事例などの方が一瞬にして社会に広がってしまいます。したがって、ヒューマンエラーによる事故やトラブルを未然に防ぐことが重要なのです。例えば、どんなリスクを回避する方法があるのでしょうか。

ヒューマンエラーの原因は思い込み・理解不足・煩雑さなど

ヒューマンエラーの大半は「うっかりミス」であり、「うっかり」が重大な事故やトラブルに発展するという特徴があります。ヒューマンエラーは、「故意」「過失」に分類されると言えるでしょう。そして、過失のなかでは、人間が行動を起こす際の「認知」「判断」「行動」の3ステップに沿って分類できます。例えば「認知」段階に起こるエラーは、知識・経験・理解不足が原因だと言えるでしょう。「判断」段階に起こるエラーは、思い込み・経験不足・判断を邪魔する要素(精神状態やプロセスの煩雑さ)が原因です。そして最後に「行動」段階のエラーとは、煩雑すぎる作業手順、加齢に伴う能力低下などの例が挙げられるでしょう。

社員の生命や会社全体の存続にも関わる

過失によるヒューマンエラーは「うっかり」生じるケースが大半でしょう。ところが、その「うっかり」が人命や会社経営に甚大な影響を及ぼすことも考えられます。例えばプレス作業に不慣れな新人作業員が、定められた多数工程の安全対策の1つを飛ばしてしまった上、新しい仕事の緊張感からプレス作業中の動作が鈍ってしまい、プレス機内に手を残したままでプレス機を指導してしまい、大けがを負うなどのケースがあるのです。一歩間違えれば作業員の生命にも関わります。こういった事態が繰り返し発生すると、会社全体としての信頼は落ちてしまうでしょう。このように「些細な」ヒューマンエラーが、生命や会社全体の存続に関わるリスクになるのです。

ヒューマンエラーを未然に防ぐための対策例①

ヒューマンエラーを未然に防ぐ対策を講じるためには事例を収集し、正しく分析した上で適切な対策を検討しなくてはいけません。たとえば既述のプレス機事故事例には、以下のような原因が考えられるでしょう。

①「不慣れ」な新人作業員

②「煩雑なプロセス」の安全対策を「うっかり」忘れ

③「緊張」によって動作が鈍ってしまう

という要素が重なって生じました。各々の段階を分けて考えてみると、ヒューマンエラーへの対策例としては

①新人教育や作業マニュアルの充実化

②プロセスの簡潔化・明確化

③安全装置の精密化 (機械の自動停止など)

を検討する必要があると言えるでしょう。

ヒューマンエラーを未然に防ぐための対策例②

ヒューマンエラーは人間なら誰しも起こしてしまうので、100%防ぐのは難しいでしょう。しかし、うっかり忘れを減らすために仕事の流れを見直すなどの対策ができるでしょう。上述したヒューマンエラーの事例と対策例のほかに以下のようなものがあります。現場に分けて紹介します。

【ロジスティクスの現場】

①工場内線引き(区画色分け)の見直し

②リフト等始動・停止ボタンの色の明確化

③始動時の声出し確認

④安全速度の厳守(速度計確認の習慣づけ)

【オフィスワークの現場】

①バックアップの習慣化(ファイルを自己のPC及びバックアップ用フォルダに保存等)

②書類回覧ルートの見直し(発注数を複数の担当者が確認する等)

ヒューマンエラーの対策例はマニュアルの充実化・プロセスの簡潔化・装置の精密化

ヒューマンエラーを未然に防ぐには、「ひと工夫」が必要となります。特にマニュアルの策定や、プロセスの簡潔化など、これまでのルーティンを崩すことには抵抗があるかもしれません。しかしながら、ヒューマンエラーの「うっかり」が人命や社命に関わるほどのリスクの引き金となった事例もあります。こういった事例のような被害を十分に認識して、常日頃からヒューマンエラーの原因をつかみ、発生した場合には分析して対策を検討しなくてはいけません。小さな「ひと工夫」が大きなリスクを回避するので、日ごろから心がけていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス