転勤したくない場合に使える!転職時の面接で断る方法

2018年1月24日仕事探し

転職しても転勤したくない…

Tupolev 553079 640

転職しなくてはならなくなった時、「転勤ばかりの職場はちょっと…」と思っている方はいませんか?今回は転職先で転勤を回避する方法や、面接で「転勤をしたくない」ということを伝える方法を紹介していきます。

全国規模の企業に転職するなら転勤の可能性あり

全国に支社があり募集段階で転勤の可能性を示唆している会社の転職面接時には、転勤を避けるのは基本的にできません。また現段階で支社がない企業も、今後全国展開する可能性があります。

よって、転職面接で転勤したくないという気持ちが伝わってしまうと、それが原因で不採用になるケースもあります。

「転勤したくない」は転職活動を確実に不利にする

転職面接でストレートに転勤したくない理由を伝えると、不採用になる可能性が高まります。面接の際に転勤したくないと回答すると、転職はもとより内定者であっても採用を見送られてしまうかもしれないのです。

そのため、ストレートに転勤したくないと面接官に伝わる言動はよくありません。では、どのような伝え方で転勤したくないと転職面接で伝えれば、印象を悪くしない断り方になるのでしょうか?

転勤をどう避ける?転職面接で使える方法とは

Jamaica 1046596 960 720

転職面接時に「転勤したくない!」とハッキリ避けるのがNGだとしたら、果たしてどのような断り方をすればいいのでしょうか?転職面接で使える方法についてみていきます。

あまり印象が悪くならない、転勤したくない理由を紹介します。参考にしてください。

転職面接で使える方法①:転勤ができる時期を伝える

転職を成功させるために、転勤したくないと思っていても、ある時期は転勤できないがそれ以降はできる、といったように伝えましょう。たとえば「子供の受験が終わるまでは転勤できないが、そのあとは単身赴任であれば可能」と、いった具合です。

このような転勤したくない理由であれば、採用担当者の心象はあまり悪くなりません。

転職面接で使える方法②:転勤の話題を遠ざける

その部署・支社でしかできない仕事を自分のやりたいこととして面接で伝える方法です。

もしくはこの支社でこそ発揮できるスキルがあるとアピールして、面接の時点で採用するならこの部署支社で働き続けてもらおう、と思わせて、転勤の話題を遠ざけるのです。

転職面接で使える方法③:「この場所で働きたい」と伝える

転職の面接では、ただ転勤したくないと伝えるより、地元で働きたい理由を伝えた方がストレートな言い回しにならずよいでしょう。転勤したくない理由が、採用担当者でもやむを得ないと思ってくれるような理由であれば、その理由を伝えてください。

「現在○○な事情があり、転勤を希望しないのですが、入社後に転勤の有無についての希望はこちらから出せるのでしょうか」と質問してみましょう。ただ、これはどんな理由があっても転勤できる人でないと採用しないという会社であれば、不採用になってしまいます。

どうしても転勤したくないなら…

Beach 832346 960 720

転職面接で転勤したくない理由はそれぞれだと思います。

ただ面倒という理由の方も、親族の介護であったり、家庭環境などの理由の方もいるでしょう。どうしても転勤したくないならどうすればいいのでしょうか。

転勤が本当に無理なら別の企業を探してみるのも手

「本当に転勤はできない」という場合は、素直に「転勤できない、転勤したくない」と転職面接時に答えましょう。どうしても入社したいと思った会社であっても、条件に合っていないのですから仕方ありません。

気持ちを切り替えて、転勤のない募集を探すなど、転職活動があまり長引かないようアクションを起こしましょう。仮に採用されても、入社後に転勤となって、家庭が崩壊したりトラブルになったて結局退職せざるを得ないのであれば、それ以前に不採用になった方が会社にも自分にもいいはずです。

「エリア限定職」だと転勤する可能性は低い

転勤のない転職先を探すとき、鍵となるのが「エリア限定職」や「地域限定職」です。これらのキーワードが入った求人票を探しましょう。エリア限定職や地域限定職を導入しているのは、支店や営業所の多い大手企業で、入社の段階で「総合職」と「エリア限定職(一般職)」に分かれている会社です。

このような企業では、総合職の方が給与もよく出世も早いですが、「それらは望まないから転勤はやめてくれ」という方には、エリア限定職での入社がおすすめです。大企業の安定した勤め先を確保しつつ、同じ支店や営業所で勤め続けることができるからです。エリア限定職を導入しているのは、工場などの大手メーカー、あるいはアパレルなどの小売り業者が多いです。

転職面接でストレートに「転勤したくない」と言ってはいけない!「この場所で働きたい」と伝えよう

採用担当者からすると、転職の面接で「転勤したくない」とキッパリ言われると、どうしても積極的に採用しようとは思ってもらえないのが一般的な認識です。しかし転勤したくない理由として、家庭の事情やライフスタイルの変化があります。

絶対転勤NGという方は、転勤の可能性がある企業や職種に応募しなのが一番です。しかし、転勤の可能性ありなのが現状です。言い回しを工夫して伝えると良いでしょう。100%転勤を避けることができるとは断言できませんが、入社後、転勤に関することでトラブルになってしまうのを防ぐ効果はありそうです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年1月24日転職

Posted by BiZPARK