【転職で悩むこと】やりたいことと待遇どっちを優先する?

仕事探し

妥協してはいけないポイント

Pocket watch 1637393 640

転職を考えたときに「待遇」と「やりたいこと」のどちらにプライオリティを置くか悩まれる方は少なくありません。どちらも満たせる転職は最高の転職になりますが、なかなか思うようにいかないところですよね。 結論からいうとその人次第です。どちらを優先すべきかを状況に応じてまとめてみましたので、みなさんの参考になればと思います。

①待遇にプライオリティを持つべき人

待遇にプライオリティを持つべき人

  • 結婚や出産で養うべきひとがいる人
  • 独立に向けてとにかくお金を稼ぎたい人
  • キャリアアップを希望する人
  • さまざまな事情からお金を稼がないといけない状況の人

家族がいるとやはり待遇は良いに越したことはありませんし、月収は10,000円でも多い方がいいくらいです。またキャリアアップを狙う方もこれまでの業務よりさらに高度な業務、もしくはより管理職という業務に携わるということになるので、その立場や業務内容に見合った待遇を得ることにプライオリティをおくべきだと思います。

②やりたいことにプライオリティを持つべき人

やりたいことにプライオリティを持つべき人

  • 養う人がいない人
  • まだ若く異業種へ未経験での転職を狙う人
  • 今すぐにお金をより多く稼がなくても大丈夫な人

やりたいことにプライオリティを置くということは、場合によっては待遇が悪化する場合もあります。それ故に、それでも気にしない人、生活に支障をきたさない人であれば、やりたいことにプライオリティをおいて問題はありません。

もっとも理想的な転職は「成長の可能性」を優先すること

実は転職先を選ぶときにもっとも妥協してはいけないのが「成長するイメージ」が出来るかどうかです。 やりたいこと、待遇の良さも大切ですが、それらはあくまでも現時点の条件です。やりたいことが出来るから、待遇が良いからといって必ずしもその環境があなたを成長させてくれるとは限りません。 おすすめの方法としては、目安として3年後にどのような自分になっていたいかをイメージして、それを最も実現しやすいと思える会社や環境を選ぶというものです。 現在の視点だけで判断しようとすると、どうしても視野が狭くなってしまいがちです。転職先の選び方に限らず、解決しにくい悩み事に直面したときには、一度立ち止まって視点を伸ばして見てみるのが効果的です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月11日転職