引越しで住民票を移す2つのケースと手続きのタイミング

住民票, 引越し

住民票を移す必要ってあるのでしょうか?

Black door staircase brick building 640x427

引越しとなると荷造り、荷解きなどをはじめ、ガス、電気、ネット設備などの手続きがいっぱいで忙しくなります。そんな中、住民票を移す作業は忘れがち。そもそも住民票って移すことが必要とされているのでしょうか?

引っ越しのさいに住民票を移すのは国民の義務であり必須

引っ越しをしたら必ず住民票を移す作業をしなければなりません。引っ越しのさいに住民票を移すことは義務として決まっていて、住民票異動の手続きを行うタイミングは、引っ越した日から14日以内に行わなければならないと決まっています。引っ越し後14日を過ぎると、理由によっては罰金を受けるなんて可能性も。

「引っ越しで忙しかったから住民票を移すタイミングがなくて」なんて言い訳はせず、引っ越しをしたら住民票を移すことは必要不可欠な手続きになると覚えておきましょう。

住民票を移すには2つのパターンがある

住民票を移すには2つのパターンがあります。それは、同一市区町村内に引っ越しをし住所変更をする場合と、他の市区町村へ引っ越し住所変更する場合です。それでは見ていきましょう。

住民票を移すパターン①:同一市区町村内へ引っ越す場合

同一市区町村内へ引っ越し住民票を移す場合は、当該市区町村で、転居届(住民異動届)を役所へ提出するだけで済みます。

念のために役所に、電話で問い合わせをしたりして調べておくことをおすすめします。

住民票を移すパターン②:他の市区町村へ引っ越す場合

他の市区町村へ引越す場合、変更前の市区町村で転出届、変更後の市区町村で転入届を出すことが必要です。

引っ越しの前にどのような手続きをふむのか役所に、電話で問い合わせをして調べておきましょう。

住民票を移すベストなタイミングとは

住民票を移すというのは、この転出届を出して、転入届を出すという一連の手続きのことです。ではいったい、いつ住民票を移す手続きをするのが一番いいのでしょうか。

1024 cc library010001528

住民票を移す一番のタイミングは引っ越し日前後3日がベスト

引っ越しで忙しいものの、住民票を移す手続きは絶対に必要。となると、住民票を移すタイミングはいつがいいのか・・・。

住民票を移すベストタイミング、それは引っ越し日前後3日です。

住民票を移す手続きは「転出届」と「転入届」セットで

住民票を移す手続きは、基本的に転出届と転入届がセットになっています。転出届を出さずに転入届を出すことはできません。引っ越し後、以前の市区町村から離れてしまう場合、引っ越ししてから転出届を出すのは大変です。なので、引っ越し前に転出届を、引っ越し後に転入届を出すのがベストタイミングと言えるでしょう。

住民票を移すときの一連の流れ

さて、次は住民票を移す一連の手続きの流れについてまとめてみました。まずは、転居届について簡単に、そして、転出届から転入届までの手続きです。

住民票を移す手続き~転出届~

転出届は、引っ越し日の14日前から手続きができるようになっています。居住の住所管轄の役所で転出届をもらい、転出の手続きを行います。この手続きをすると転出証明書が発行され、これは転入届の際に必要になる書類になりますので、しっかりと保管しておきましょう。

住民票を移す手続き~転入届~

引っ越しをしたら、居住の住所管轄の役所で転入届の手続きを行います。転出手続きの際に発行してもらった転出証明書と一緒に、必要書類に記入・提出をします。転入手続きも転出手続き同様、14日以内に行ってください。

住民票を移す手続きは「転出届・転入届」セットで引っ越し日前後3日がベスト

今回は、引っ越しする際の、住民票を移す手続きのタイミングについて見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。住民票の移動は引っ越しをしたら必須の手続きです。引っ越しは、引っ越しの準備や引っ越し後の荷解きで忙しいものですが、住民票を移す手続きを後回しにしてしまうと、理由によっては罰金が科せられる可能性もあるので注意が必要です。引っ越し前後の時間を見計らって、余裕をもって手続きを済ませてしまいましょう。住民票を移す手続きは「転出届・転入届」セットで行い、引っ越し日前後3日がベストタイミングです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス