新入社員が営業同行で意識すべき立ち振舞いのポイント

営業同行, 新入社員

上司や先輩に同行して取引先に行った時のあいさつの仕方とは

Businessman 449927 640

新入社員が最初に学ぶのは、社会人としてのビジネスマナーや立ち振る舞いです。中でもあいさつは、社内外の人間関係を良くするためになくてはならないものです。

新入社員の挨拶の仕方が悪いと、社内だけでなく、取引先との関係に悪影響を及ぼします。最近、若者によく見かけるあいさつには、最後まできちんと話さないという悪い癖があります。

受付と担当者へのあいさつをしっかりと!名刺交換は応接室に通されてから

営業同行で取引先に伺った際の立ち振舞いですが、受付であいさつをして取次いでもらうようにお願いします。受付には、自分の会社名と名前、何時に誰と約束をしているかを話しましょう。

受付の人と無駄話などをせず、受付の脇に立って担当者が来るのを待ちましょう。上司の一歩後ろに立ち、コートを脱いで待つのが望ましい立ち振舞いです。担当者が到着したら、あいさつをします。名刺交換は、応接室に通された後に行うのが一般的な立ち振舞いです。

年末年始のあいさつ回りはゆっくりしている時間はないため短時間で丁寧な対応を

年末年始の立ち振舞いですが、この時期があいさつ回りのピークなので、同行でも1社1社訪問する度に、応接に通してもらって話をする時間はありません。大体は予約をしないで訪問します。この場合も受付で、自分の会社名と名前を話し、担当者が不在かどうか確認してもらい、要件を告げます。

担当者が不在の場合は同行した上司・先輩と自分の名刺を受付に渡す

担当者が不在や取り込み中で面会ができなかった場合の立ち振舞いは、受付で上司や先輩とあなたの名刺を渡し、丁寧に挨拶すると印象が良くなります。もし担当者に会えなくても、上司や先輩とあなたの名刺を渡すことができれば充分です。

営業同行したら担当者だけでなく他の社員にもあいさつする

営業同行での立ち振舞いは、担当者だけでなく、周囲の人たちにもあいさつをしましょう。担当者が不在のときに、代わりに対応してくれる場合があるかもしれませんし、用事があって電話をしたときに、取り次いでもらったりなどお世話になるかもしれません。笑顔で明るく挨拶し、あなたの顔を覚えてもらうように上手に立ち振舞いましょう。

上司や先輩の営業同行をする際に気をつけるべきポイント

新入社員が営業同行した際の立ち振る舞いですが、先輩や上司と取引先とのやり取りをただ見ているだけでは、同行した意味がありません。新入社員は先輩や上司の立ち振舞いなど、やっている仕事を次から一人でできるような意識が必要なのです。上司や先輩の営業同行をする際に気をつけるべきポイントをご紹介します。

営業同行で学ぶべきなのは「筋書き」

新入社員が営業同行して学ぶべきはセリフではなく、筋書きだとしっかり認識しましょう。

議事録のようにタスクや結論、ポイントのメモなど、物事を点で捉えてしまっては全体は見えません。それは記録でしかないのです。立ち振る舞いを掴めば全体が見えてきます。全体が見えればいくらでも立ち振舞いも応用がきくようになります。

遅刻は厳禁!してしまったら言い訳せずに自分の言葉で謝罪する

同行終了後は「会話の流れ」「商談のキーポイント」についてまとめておく

営業同行した後は、その商談について簡単にまとめておきましょう。どのような会話の流れだったか、今回の商談のキーポイントについてまとめておくと、今後の参考になります。他にも先輩または上司の営業テクニックや、なにか気がついたことがあったら、まとめておきます。

先輩社員・上司が営業同行した新入社員にすべきことは?

新入社員が営業同行した際の立ち振る舞いについて説明してきましたが、先輩社員や上司は同行した新入社員にすべきことは何でしょうか?

ただ営業回りに新入社員を連れて歩くだけでは意味がありません。新入社員を育てるためにすべきこととは?

Business 819287 640

商談の流れや内容を説明して新入社員からの質問には丁寧に答える

営業同行が終わった後、先輩社員や上司は新入社員に簡単に商談の流れについて説明しましょう。取引先によって商談の内容や進め方、流れは異なりますよね。それぞれの商談について説明し、商談というものを理解させましょう。新入社員からの質問にも丁寧に答えて、知識やノウハウを吸収するのをサポートしてください。

新入社員が営業同行する時に立ち振る舞いと大切なのは「あいさつ」

新入社員が営業同行で意識すべき立ち振舞いについて説明しました。

先輩や上司の営業に同行する新入社員には、特別な立ち振る舞いは求められません。基本的な立ち振る舞いができていれば、好印象を与えます。新入社員のうちの基本的な立ち振る舞いは完璧にし、少しずつ先輩や上司の立ち振る舞いを真似ていきましょう。

立ち振る舞いについてわからない点があったら、先輩または上司に聞いておく安心ですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス