仕事で人間関係を割り切ることのメリット・デメリット

2017年3月9日コミュニケーション, 人間関係

人間関係は距離が大事

New york 540807 1280%20(2)

仕事の人間関係を割り切る事の重要性を考える前に社内での人間関係でのコツを見ていきましょう。社内の人間関係で悩まないためには友達ではなく、同僚として適度な距離を保つことが必要です。人間関係のトラブルは早期に解決するようにしましょう。

友達ではなく同僚として付き合う

「同僚」とは仕事で切磋琢磨できる人間関係を表します。馴れ合いができるのが友達です。よりよい仕事をするには同僚の存在が必要不可欠です。友達は必要ないかもしれませんが、同僚は必要です。

適度な距離を保つにはプライベートの話をしない

仕事の人間関係を割り切るつもりなら、適度な距離を保つ事です。そのためにはプライベートをしてはいけません。もしかしたら嫉妬を生むかもしれませんし、友達じゃないなら話す必要ない事柄は言わないほうが賢明です。

人間関係を割り切るメリット・デメリットは?

社内での人間関係をあくまで仕事と割り切ってしまうのも一つの方法です。友達ではなく同僚として切磋琢磨する、年下は年下として、年上は年上としてたてることも必要です。人間関係を割り切る必要はあるのでしょうか。

メリット:人間関係でトラブルに巻き込まれない

仕事の人間関係を割り切るメリットはトラブルやいざこざに巻き込まれない事です。派閥争いやプライベートの問題などに踏み込んだばっかりに、めんどくさい結果になる場合があります。

デメリット:孤独感に苛まれる場合が

仕事の人間関係を割り切るデメリットはふとした瞬間に孤独感を覚えるかもしれません。仕事の人間関係は割り切ると心に決めていても、数年後のある日「孤独だ」と思ってしまう場合があるかもしれません。

人間関係を割り切る必要はある?

Clasped hands 541849 1280

会社に友達はいらないというのは一理ありますが、仕事しやすい環境を整えるということは大切です。グループに属さないというのもひとつのポイントです。どうしても納得できないことがあるなら直接問いただしてみるのも一つの方法です。

友達は必要ない反面環境作りは必要

仕事場に友達は必要ないかもしれません。しかし、良い仕事をするための環境作りは必要です。割り切る人間関係でも職場の環境は作りましょう。それ自体が仕事のひとつです。話しかけづらい人間関係は決していいとは言えません。

「人間関係割り切る」=「仲が悪い」ではいけない

人間関係割り切るからどこの派閥、グループに属さないという考えは間違っていません。しかし、仕事仲間と仲が悪いというのは話が違います。そこを勘違いすると、人間関係を割り切るではなく、ただの空気読めない人になってしまいます。そこを踏み間違えないようにしてください。

仕事の人間関係を割り切る場合でも職場作りは重要

仕事の人間関係を割り切る事の重要性についてまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか。仕事は一日の大半以上を占めます。人間関係を割り切る必要ないですが、よりよい職場づくりは必要です。そこのバランスを考えて仕事での人間関係を考えてみてください。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年3月9日転職

Posted by BiZPARK