昼寝のメリット・デメリットと効果的な取り方

2016年11月29日昼寝

昼寝のメリットとは?

Cat 682009 640

昼寝には多くのメリットがあります。昼寝をする人はだらしないとか怠けている思われがちですが、メリットを知れば、誰もが昼寝をしたくなるはずです。まずは昼寝をする事のメリットをみていきましょう。

昼寝のメリット①脳がリセット

昼寝は頭脳をリフレッシュする効果があります。その最大のメリットは、昼寝により脳の情報処理能力が夜まで一定のレベルに保たせる点です。

昼寝のメリット②メリハリがつく

睡魔に襲われた状態で仕事をするより、一度昼寝してから、仕事をする方が効率がよいと言われています。昼寝のメリットは仕事にメリハリがつく点です。

昼寝のデメリットとは?

Koala bear 9960 640

昼寝にはデメリットもあります。昼寝をする事で生まれるメリットとデメリットを理解すれば、効率よく仕事が進められるようになるかもしれません。

昼寝のデメリット①30分以上だと作業効率が下げる

昼寝自体がデメリットというわけではなく、眠りすぎるとデメリットが生まれます。昼間に30分以上眠ってしまうと、かえってだるくなって集中力が出ないというデメリットがあります。

昼寝のデメリット②深く眠ると睡眠バランスが崩れる

こちらも眠りすぎによる弊害です。昼寝で深く眠りすぎると睡眠バランスが崩れて、夜眠れないという事態に陥るかもしれません。

効果的な昼寝の仕方とは?

Cat 590684 1280

昼寝のメリットを最大限発揮できる昼寝の方法を見ていきましょう。デメリットを出さないためにも、しっかりと昼寝の仕方を身につけることが大切です。

効果的な昼寝①20分以内に留める

適度な昼寝は脳を活性化させるのに非常に効果的だと言われています。横になって昼寝をするのではなくて、座った状態で目を閉じるような昼寝が効果的です。時間は10分~20分が理想です。

効果的な昼寝②寝る前にコーヒーや緑茶を飲む

コーヒーや緑茶は眠気防止のイメージがありますが、すぐに効果は出ません。 コーヒーに含まれるカフェインは摂取後、15~20分後くらいから覚醒の効果が出ます。深く眠りすぎないためにもコーヒーや緑茶は最適です。

昼寝を取り入れる会社は増えている

昼食後の時間などに、昼寝の時間を設ける会社が増えています。会社で昼寝を推奨しているならば、周りの目を気にする事なく休めるでしょう。その方が仕事の効率が上がるという医学的根拠もあります。

昼寝は睡眠時間が20分を境にメリット・デメリットに分かれる

昼寝のメリット・デメリットと効果的な取り方をみてきました。睡眠時間によって、昼寝はメリットのみ、デメリットのみに分かれるみたいですね。昼寝をうまく利用すれば、さらなる業務効率アップも夢じゃありません。はじめは周りに協力してもらって、昼寝をしてみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK