マーケティング職が行う具体的な仕事内容

マーケティング職

マーケティング職の仕事内容①:商品企画

Startup 594091 1920

マーケティング職の仕事内容の1つとして、商品企画があげられるでしょう。商品企画とは、商品の性能・機能・仕様などをコストと利益の資金要素も含めて検討し、まずは価格も決めていくものです。具体的な仕事内容ですが、市場調査を行います。それによりターゲットをイメージし、商品の仕様・機能・性能を企画して社内の各部門と調整し、収益性もあわせて算出するのです。

マーケティング職の仕事内容②:Webマーケティング

Webを用いたマーケティングを担当しているのが、Webマーケティング職です。その仕事内容は、自社サイトのSEO(検索エンジン最適化)やユーザーにとって有益な情報を提供するために、コンテンツの企画・発信が仕事内容です。一般的なマーケティング職で求められるマーケティングの知識の他に「アクセス解析」の知識や、仕事内容から当然ですが、Webサイトの構築・プロデューススキルも必要となります。

マーケティング職の仕事内容③:販売促進・プロモーション

マーケティング職の1つ、販売促進担当の目的は「購買の直接的な動機付け」をするのが仕事内容といえます。特典や景品付のキャンペーンをよく見かける機会が多いと思いますが、具体的な仕事内容はリアルな売り場やWeb上での、そうしたキャンペーンや施策などを企画・実施することです。このマーケティング活動の最終工程である販売促進の仕事内容には広告、営業活動との連携が重要です。

マーケティング職の仕事内容④:広告

マーケティング職の1つである広告担当の目的は、商品やブランドの「認知促進」と「イメージ形成」です。例えば、新商品が発売された事実を消費者に伝えます。具体的な仕事内容は、これまでの広告媒体であるTV、新聞、雑誌、ラジオのほかへの広告出稿の他、ブログやYouTube、Twitter、Facebook、Instagramといった新しい媒体でのアプローチが近年では求められているのです。

マーケティング職の仕事内容⑤:広報

マーケティング職の1つ、広報担当の目的は主に企業の知名度やイメージをアップさせるのが仕事内容です。その具体的な仕事内容は、企業の事業や活動内容、商品などを社内外へ報道発表等で発信します。あるいは、事故・リコール・重大なクレームへの謝罪対応も含めたマスコミ対応です。日々の仕事内容は、社内の広報文書や案内の編集、マスコミに対して発表を行う、告知の用意等といえるでしょう。

マーケティング職の広報代行業務を行う会社がある

PR会社とは、マーケティング職の広報代行業務を行う会社です。その仕事内容は、報道番組や情報番組、ドラマなどの番組内で好意的に取り上げてもらう「TVパブリシティ」といった手法など、メディアが取り上げやすい企画を考え、情報拡散のための手法に取り組みます。大手と呼べるのは10社ほどで、代表的なのがベクトル、プラップジャパン、共同ピーアール、電通パブリックリレーションズ、サニーサイドアップといった会社です。

マーケティング職の仕事内容としては商品企画から広報まで多岐に渡る

マーケティング職といっても、その役割ごとに仕事内容は異なります。しかし、そのどれもが企画を立て、戦略的に様々なメディアを活用し世の中に情報を発信していくものです。世の中の変化を敏感に感じとりながら、多くの分野の人々とコミュニケーションをとり様々な創意工夫が必要であり、その仕事内容は刺激的で面白いものといえるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月21日転職