社会貢献できる仕事のポイント3つ

社会貢献

社会に貢献できる仕事①:困っている人の役に立つもの

55

社会に貢献できる仕事とは、特に「困っている人の役に立つ」仕事と言えるでしょう。社会の中で少数派に属し、問題を抱えているにも拘らず支援を十分受けられていないという人々がいます。その問題を解決し、その人たちがよりよい人生を送っていけるように支援することには、大きな意義があります。

社会に貢献することで人から感謝され大きな喜びを感じられる

例えば、小さな子供のいる親で、子育てで周囲に相談できる人がいなかったり、保育施設の空きがなくて働きに出られなかったりといった問題を抱えている方々が数多くいます。そこで、同じ境遇にいる人たちが集まって相談に乗り合える場所を作ったり、子供を預かってくれる人を紹介したりといったサービスを作れれば、親や子供の役に立てます。それで感謝されれば、大きな喜びを感じられるでしょう。

社会に貢献できる仕事②:多くの人々から評価されるもの

社会に貢献できる仕事として挙げられるのは「多くの人から評価されるもの」です。社会に貢献できる仕事をすることで、困っている人の役に立てるだけでなく、それを知った「世間の多くの人々から評価される」でしょう。人間は自分の行っている仕事が認められ高く評価されると、素直に喜びを感じ、これからも頑張ろうというようにモチベーションが上がります。目の前の人に直接役立つことで、結果的に多くの社会貢献をしていることになるのです。

ノウハウを広く社会に提供して貢献すると評価される

例えば、子育て中の親の抱える様々な問題を解決することは、早急にやらなければならないことです。しかし、色々な事情でなかなか思うにように進まない場合が多いでしょう。そんな中で、自ら率先して取り組み、成功事例を作り出し、ノウハウを広く社会に提供していけば、モデルケースとして高く評価されるに違いありません。

社会に貢献できる仕事③:後世に残るもの

社会に貢献できる仕事は「後世に残るもの」と言えます。社会に貢献できる仕事は、対象が社会全体であるため、達成するのは困難です。しかしその分だけ、達成できた時の社会に与えるインパクトは大きく、「後世に残る仕事となる」でしょう。自分が引退したり亡くなったりしても、その後も自分が作りだした仕組みが定着して回っていけば、生きていた証を後世にまで残すことができるでしょう。

時間を超えて自分が多くの人々に役に立てる可能性がある

例えば、子育て中の親が相談し合えるシステムを作ったり、保育施設や保育のサービスを拡充したりしたとします。それが仕組みとして何十年と残っていけば、時間を超えて自分が多くの人々に役に立てることになります。自分が生きている間に自己満足するだけの仕事よりも、自分が亡くなった後でも多くの人に満足してもらえる仕事の方が、やりがいや充実感を味わえるに違いありません。

仕事は困っている人の役に立ち評価され代々残るものが社会貢献に繋がる

社会に大きく貢献できる仕事について解説しました。社会に貢献できる仕事をすることで、目の前の困っている人の役に立て、それにより多くの人々から評価されます。またそうした仕事は後世に長く残るでしょう。このような仕事をすれば、やりがいを十分に感じられ、充実した人生を送ることができるでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職