上手な説明の仕方とコツ|指摘されない話し方を身に付ける

2016年12月20日会話術

上手な説明の仕方①:簡潔さを意識する

Lecture 318123 640

ひとつめにご紹介するコツが、簡潔さを意識することです。だらだらと長くなってしまっては、いくら内容のいいプレゼンテーションであっても、聞き手は何が伝えたいのか分からなくなってしまいます。

ナンバリングして話しを整理する

簡潔さを意識するコツとしては、説明する際ナンバリングしながら話すことをおすすめします。「ひとつめは~」「ふたつめに~」「みっつめが~」と、話すと自分も説明しやすくなります。

上手な説明の仕方②:結論を先に述べる

上記のコツとしては、結論を先に述べて話をすることが大事です。結論を先に述べることで、その後の話しが聞きやすく、内容が入りやすくなります。

上手な説明の仕方③:代名詞を控える

「あれ」「それ」といった代名詞を控えるというのが2つめにご紹介する上手な説明の仕方として挙げられます。代名詞を控えることで具体性が増します

具体例を盛り込む

説明をする際、代名詞を控えることと一緒に把握してほしいのが、具体例を盛り込むことです。説明の中に具体例をいくつも盛り込んでしまうと、ダラダラとなってしまいますが、ひとつ具体例をいれることぐんと説得力が増すのです。

上手に説明をするには簡潔さを意識・先に結論を述べる・代名詞は控えることがコツ

上手な説明の仕方についてご紹介してきました。説明のコツとしては、話しにナンバリングして簡潔さを意識すること、結論を先に述べて聞き手に話しの内容を入りやすくすること、代名詞を控えて具体例をひとつ盛り込むことが挙げられます。以上のコツを意識して説明してみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月20日ビジネス

Posted by BiZPARK