報連相ができない原因とデキない部下の教育方法3つ

報連相, 部下

報連相(報告連絡相談)ができない原因とは

Hourensou

報連相ができない部下の教育方法を考える前に、まずはできない原因を知らなければいけません。報告連絡相談ができない部下はなぜできないのか、その理由を知ってから教育・改善方法を見ていきましょう。

「報連相」とは報告・連絡・相談の事

報連相とは「報告」、「連絡」、「相談」の総称。

●報告:通常業務や特に指示された業務に対して、上司にその経過等を告げる事

●連絡:業務上知り得た圭要な事実や決定事項などについて関係者に伝える事

●相談:迷った際に、上司の判断を仰いだリアドバイスをもらう事

まずはこれらの、報連相の意味と内容ををきっちり押さえておきましょう。

部下と上司では報連相の考え方が異なっている

報告連絡相談ができない部下に「なぜ職場では報連相が必要だと思 いますか?」と質問すると多くの部下が「情報共有のためです」と回答します。しかし、上司や先輩に対して「部下になぜ報連相をさせるのですか?」と質問すると「部下に任せた業務の成果を確認するため、つまりリスクヘッジのためです」との答えが返ってきます。

部下は怒られる事や自分の評価を気にして報連相ができない場合も

部下はなぜ上司に報連相ができないのか。報告連絡相談ができない理由には次のようなものがあると考えています。

・怒られたくないと思っている

・責任を取らされるのが恐いと思っている

・自分の評価を下げたくないと思っている

・報連相をするほどの問題ではないと考えている

・自分で問題を解決できると考えている

まずは報告連絡相談ができない部下の、報連相に対する根本的な意識から改善していく必要がある事が分かりますね。

ミスについて上司に報告・連絡・相談する事は心理的に嫌なもの

「良い情報」しか聞きたくない上司、自力で解決したい部下。「悪い報告」をすると、丸投げされたり、ツライ思いをしなければならない。そんな職場環境では報連相ができない部下は増えてしまいます。、改善しようとする前に部下の「悪い報告」の隠ぺいや知らないフリなどに繋がり、 後々大問題になる可能性が高いです。こういった問題になる前に改善できる方法はあるのでしょか?

部下が報連相ができない場合の改善方法

報連相ができない原因を踏まえられたでしょうか。、上司の立場から、報連相ができない部下の教育・改善方法についてまとめました。悩んでいる人は必見です。

Id 10065921

報連相ができない部下の教育方法①:報告連絡相談の重要性を教えこむ

まず一つ目の改善方法として、仕事のリスク管理のために報連相が絶対必要である事を教えます。「組織と仕事の関係は複雑で多層的であり、組織が新人に全面的に仕事を任せることはない、よって、報告・連絡・相談は当然にあるべきだ」という事を認識させます。

報連相ができない部下の教育方法②:報告連絡相談のメリットを具体的に伝える

報告連絡相談ができない部下には次のような事を教えてあげましょう。

・相談した事によって、他者がヒントをくれた。

・遅れ気味だと報告したら、サポートする人をつけてくれた。

・トラブルが起こったと報告したら、チームを挙げて対処してくれた。

こうした報連相による個人やチームのメリットを教えた方が改善されるでしょう。早めに言う事で自分も業務を完遂しやすくなると理解できれば、部下も進んで報連相をするようになります。

報連相ができない部下の教育方法③:「報告する」自発的なアクションを習慣化

報告連絡相談のなかでも、基本中の基本は部下が上司に行う「報告」であり、自社の報連相を考えるときにはこの部分の徹底から始める必要があります。まずは「報告する」という自発的なアクションが習慣化していないと、「連絡」や「相談」もうまくいきません。

報連相の改善には部下の働きかけだけでもダメ

報連相ができない部下・職場を改善させる為には部下だけではなくて上司の働きかけも重要となってきます。

それはなぜでしょうか?

ではそちらも一緒に見ていきましょう。

S photo 00989

上司は待つばかりでなく部下に働きかける

尊敬する上司、プロフェッショナルなんかの共通点なんですが、みんな自分から細かい連絡を取りに行ってるんです。立場は上だから黙って報告を受ける側にまわってもいいのに、自分から毎日進捗を伺いに連絡をとる。任せたからといってほったらかしにしないんですよ。

報連相(報告連絡相談)ができない部下には歩み寄ってメリットや重要性を教える

報連相(報告連絡相談)ができない部下がいる原因は、上司との認識の差にあるようです。報告・連絡・相談ができないのを改善する方法として、上司と部下の両方が少しずつ歩み寄ることが必要になります。上司は部下に報告の習慣をつけさせ、また、部下が報告に来るまで放っておかずに、さり気なく気にかけることが大切です。コミュニケーションを密にして、ホウレンソウがスムーズに行える関係・環境を作れるように頑張ってください。

あわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス