将来の動向を予想することが大切!教育業界の現状と課題とは?

教育業界

教育業界の現状の動向

Blackboad

教育業界の現状の動向を知ることで、将来さらにより良い社会を作る基盤を築き上げていくことができるでしょう。

日本には義務教育制度があることもあってか、将来的に何らかの教育者を目指す人は少なくありません。業界の課題や今後の展望を見ていきましょう。

ベネッセホールディングスの独り勝ち

教育業界の売上シェアナンバーワンはベネッセホールディングスで、業界全体の約半数のシェアを占めています(平成25-26年)。その下に続くのが、学研ホールディングス・ヒューマンホールディングス・栄光ホールディングスといったところです。

【参考】

業界動向サーチ

教育業界の抱えている課題

教育業界の抱えている課題としては、常に変化していく時代に逆らうことなく需要と供給が一致していくことでしょう。まずは課題について見ていきます。

少子化の問題

最大の問題は言わずと知れた「少子化問題」です。廃校や統合になる学校は多く、小学校中学校の数はどんどん減っています。つまり、義務教育を学ぶ場が減少しているという問題があります。

教育現場の変化

ネットの普及により、教育の環境はあらゆる場所に整えられていると言っても良いでしょう。自宅にいながらネットを通じてさまざまなものを学べる環境が整っています。

それにより、義務教育の進行速度において、生徒によりばらつきが出るなどの課題があると言えるでしょう。

教育業界の今後の動向

Card

今後の可能性ですが、より専門性に特化した教育をおこなう機関が増えてくるでしょう。

プログラミングスキルやデザインなど、スペシャリストを育成するための教育環境が整ってくることが予想されます。

また、少子化で子供の数が減っているとはいえ、親が子供の教育にかけるお金は増えることが予想されます。手に職をつけるのは、早い方が良いという考えが広がってくるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス