ガラス業界の将来性と今後の展望

2019年8月6日ガラス業界

ガラス業界の現状

日本のガラス業界のトップ企業は、グローバルにシェアを広げており、世界的にも大きな位置を占めています。薄型テレビ用のガラス需要があった以前に比べ、現在は液晶パネルに変わってしまったため、業界にも大きな影響がありましたが、今はスマホやタブレット用のガラス需要が増えてきており、ガラス業界の市場は復調傾向にあります。

ガラス業界の将来性

経済産業省の業界調査報告によると、現在は、輸入ガラスも増えてきており国内市場は縮小傾向にあるといいます。しかし、新興国の需要は大幅に増加しているとしており、グローバルにビジネスを展開するかどうかに、これからは注視する必要があるといえるでしょう。

ガラス業界の今後の展望

前述もした通り新興国の経済成長に伴い、ガラスの需要は今後高まると見込まれています。しかし、新興国の成長は永遠に続くわけではありません。常に、状況を読んだ上での努力が必要になるのです。実際のところ、海外企業の買収をおこなうガラス企業の動きも見られ、製造拠点を持つなど、グローバルな展開も進めています。また、国内においては、高機能ガラスでの市場開拓も進んでいるのです。

今後もその技術や品質の発展から目が離せないといえるでしょう。

まとめ

ガラス業界を志望するのであれば、業界の動向や将来性・今後の展望などを把握する必要があります。ガラス業界にもグローバル化の波が押し寄せています。競争を勝ち残るには、変化をいち早く察知し、対応していかなければなりませんね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月6日転職

Posted by BiZPARK