公務員の魅力は多種多様な仕事にくわえ最大の魅力は安定

2019年8月6日公務員

公務員として働く最大の魅力は安定性

Solution 860229 1280

世の中が不景気になるにつれ、公務員職に就きたいという人が増え続けています。一般的に公務員の魅力は安定性だと言われています。では、公務員の魅力である安定性を具体的に紹介したいと思います。

魅力①社会的信用が高い

「公務員」は国のため、そして地域のために働く大事な仕事に従事する人ですので、社会的信用はかなり高いです。住宅ローン、車のローンなどを組むときを例にあげると、公務員という肩書があるだけですんなり話が進む場合が多いです。このように、社会的信用が高いという部分も安定した公務員の魅力であり、公務員として働く意義を感じられる部分です。

魅力②リストラされる可能性がほとんどない

公務員と民間企業の大きな違いは、国家や自治体が存在する限り必要とされる職業という点です。公務員の魅力はリストラにあう可能性がほとんどなく、給料やボーナス面も安定しているところです。そのような安定性もあり、公務員として働く意義を感じる人も多くいます。

魅力③民間企業と比べても公務員は高水準で安定した収入

公務員は労働組合があり、待遇が大きく変わることもなく、年功序列式で給料が増えていきます。そして基本給の他にも、家族手当や住居手当などの各手当が充実しているのも、公務員として働く意義であったり、公務員の魅力だといえます。

また「国家公務員の実態調査」「地方公務員の実態調査」によると、公務員の平均年収は、国家公務員が623万円、地方公務員が668万円でした。民間企業の平均年収は408万円でしたのでと比較すると、国家公務員では215万円、地方公務員では260万円の差が見られます。

近年5年間の公務員と民間企業の平均年収の推移を見ると、世界的な経済の冷え込みや大震災などの影響もあり、全体的に緩やかな減少傾向にあるという結果になりましたが、民間企業の平均給与と比較すると、公務員の年収は、格段に高い水準であるのがわかります。

公務員として働く意義とは?

前述では公務員の魅力を紹介してきましたが、いかがですか?公務員の魅力が伝わっていますでしょうか?続いては安定した公務員職で働く中で感じられる、公務員として働く意義について紹介したいと思います。独自調べでまとめた公務員職で働く人の声をまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

他者(国民)のために働ける環境

公務員の魅力、公務員として働く意義は何かというと、営利を目的とせず純粋に1人1人の幸せのために働くことができるところです。そんな環境で仕事をしているときに、公務員として働く意義を感じます。民間企業をはじめとする多くの職業が、最終的には会社や自己の利益を追求するものであるのに対し、公務員は、純粋に他者(国民・住民)のために働けます。

公共のために仕事ができるというのが公務員の魅力であり、公務員として働く意義だと実際に働いている人や、国家公務員の志望動機に書かれている内容として多く挙げられています。これは、純粋に他者(国民)の利益のために働きたいと考えている方が、公務員を志望されているのを意味するものと言えるでしょう。

誇りを持って働くことができる一生の仕事

公務員の仕事は、社会の主役である個人や企業が活躍できる舞台を整え、社会のためのルールを作り、社会の活性化を支えるところです。昨今、社会経済の急速なグローバル化や急激な景気変動などに伴い、市民生活を取り巻く環境が日々変化している中で、公務員には生活の格差問題、就職問題、教育問題、環境問題など、多くの課題が課されています。

様々な社会問題の解決はたやすいことではありませんが、幸せな舞台を支える公務員の仕事には、何物にも代えがたい公務員として働く意義があり、「誇りを持って働ける一生の仕事」なのが公務員の魅力だといえます。

幅広い分野の業務に携われる

公務員の職場は、民間企業に例えると「省庁が異なれば業界が異なり、部局が異なれば会社が異なる」とよく言われます。特に地方公務員(上級/大卒)の場合は、幹部に必要な「様々な角度から自治体の状況を理解できる力」を養うため、2~3年程度で部局を異動し、幅広い分野の業務に携わることができます。

また、公務員は行政事務職を中心に多様な職種がありますので、民間企業と比べても、実に幅広い選択肢の中から、自身の就職先を選択するできるのが公務員として働く意義であったり、公務員の魅力です。

公務員の仕事に向いている人の特徴

ここまで、安定した公務員の職について紹介をしてきました。公務員の魅力を聞いて、公務員として働く意義や魅力が伝わりましたでしょうか?続いては実際に公務員職で仕事をするのに向いている人の特徴を紹介します。

Ball 605592 1280

コミュニケーション力がある人

まず1つ目として公務員の仕事に向いている人を紹介すると、コミュニケーション力がある人です。公務員でなくても、コミュニケーション力は必要な能力ではありますが、公務員は人と接して仕事を行う場面は数多くあります。

また、同じ職場の方と連携して仕事を行う場面や、国民の方の対応を直接する仕事もあります。そのような部分を見ても、人と接する機会は多くなりやすいため、技術職のように機械や物作りに関わる仕事をしていきたいなどという方には公務員の仕事をするには、不向きな面があります。コミュニケーション力に長けている人は、公務員として働く意義も感じやすいといえます。

コミュニケーション力は今あまり高いレベルを持ち合わせていなくても、コミュニケーションをとるのに抵抗がない、今後コミュニケーション力を伸ばしていきたいと考えているという方には、公務員職に向いていると言えます。

臨機応変に対応できる人

また、臨機応変に状況に対応できる方も公務員職に向いていると言えます。公務員は配属の部署や職場が変わるという場面があります。また、定期的に異動もあるため、思わぬ仕事に就く可能性もあります。そうした時に自分の思っていた仕事と違うと感じてしまう方には不向きな面もあります。配属された部署でも興味を持ち、公務員として働く意義を感じ、仕事に取り組み、前向きに進んでいける方に公務員職は向いていると言えます。

自分は専門分野で仕事をしていきたいという方向が明確に定まっている方は、公務員職ではなく専門分野を特化している企業に入社するのがお勧めと言えます。そのような方が公務員職に就いたとしても、はっきり言って公務員として働く意義を感じられないと思います。公務員職に就こうと考えられている方は、公務員職に就いた後の、公務員として働く意義もしっかり考えましょう。

公務員の魅力はリストラの可能性がない安定性!公務員として働く意義は国民のために働ける環境

公務員として働く意義や、公務員の魅力について紹介してきましたがいかがでしたか?少しでも、公務員の魅力は伝わりましたか?やはり、公務員はリストラされる可能性もほとんどなく、社会的信用や民間企業と比べても高水準で安定した収入なのが最大の魅力です。

これから公務員を目指される方は、今回紹介した内容以外にも自分なりに公務員の魅力や、公務員として働く意義を見つけてみてくださいね。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月6日転職

Posted by BiZPARK