旅行業務取扱管理者に受かる!独学で取得する勉強法

2017年6月27日旅行業務取扱管理者

まず、旅行業務取扱管理者の資格を独学で取得できる?

ここで、旅行業務取扱管理者の資格を独学で取得の勉強法を紹介する前に、そもそも旅行業務取扱管理者の資格は独学で目指せるのか?疑問を持っている人も多いと思います。ですので、旅行業務取扱管理者資格の勉強法を紹介して行く前に、旅行業務取扱管理者の難易度や、独学で勉強して資格取得できるのか、その部分について紹介していきます。

Workstation 405768 640

旅行業務取扱管理者の資格は2種類あります

この旅行業務取扱管理者の資格を目指すにあたり、どういった種類の資格があるのか知っておきましょう。旅行業務取扱管理者の資格は2種類あります。

どういった種類がある資格なのかですが、海外旅行・国内旅行の両方を扱える総合資格がまず1つ。そして、国内旅行のみを扱う国内資格があり、資格試験も2種類に分かれ、違う試験となっています。

旅行業界では、綜合資格の方が評価も高くなるものなので、受験人数も総合資格の方が多い傾向にあります。国内資格よりも総合資格の方が、難易度は高いと考えていいでしょう。

旅行業務取扱管理者資格の合格率は高め!独学でも十分目指せる資格

ここで気になるのが資格の難易度ですが、結論から言うと独学でも目指せる資格だと言えます。とくに受験制限もない国家資格なのですが、総合・国内資格問わず、未経験からでも合格している人も多いようです。 ユーキャンが公開している情報によると、合格率は総合なら10~20%程度、国内なら30~40%程度のようです。この数値は他の国家資格と比べると高い合格率となっています。ねらい目の資格と言ってもいいでしょう。

旅行業務取扱管理者の資格を独学で取得するための勉強法:参考者や過去問集の使い方

資格取得に向けた勉強では、参考書や過去の問題集は頼りになる味方。参考書や過去の問題集を上手く活用して効率良く勉強することは、独学で資格取得するとき、とても大事な要素です。

参考書は古本ではなく最新のものを用意しましょう。そして、問題を解いてみてどんな問題があるかを体験してみることが大切です。

最新の参考書と過去問題集で勉強するのは独学取得では基本

当然ではあるのですが、参考書は古本ではなく最新のものを用意しましょう。これは独学で資格取得するときの勉強法では、基本中の基本です。資格というのは専門的な法律なども絡んできます、専門的な法律はずっと一緒では無いことが多く、年を重ねるにつれ、法律の最適化が図られることが多いものです。

法律が変われば試験問題も変わって出題されたりしますので、最新の最新の参考書と過去問題集で知識を深めていく必要があるのです。

そして、問題を解いてみてどんな問題があるかを体験してみることが大切です。

独学での資格取得ではとにかく問題集を繰り返し解いて問題に慣れるのが◎

旅行業務取扱管理者の参考書は まずざっと目を通し、基本的な知識を身につけましょう。これはある程度、問題を解けるレベルまで知識を高めるためです。

あとは、ひたすら「問題を解いてみる」これだけです。間違えた問題は参考書を見て覚え直し、また問題集を解くことを繰り返せば、自然と知識もついてきますし、問題に慣れることができます。資格系の問題はひっかけ問題も多い傾向にあるので、慣れておけば問題の傾向もわかり、ひっかけ問題でつまずくこともなくなるはずです。

旅行業務取扱管理者の資格を独学で取得するための勉強時間はどれくらい?

ここまで、旅行業務取扱管理者の資格がどういった資格なのか、またどういった勉強をしたらいいのかについて紹介してきましたので、何となくでもポイントは理解してもらえたと思います。

最後に、旅行業務取扱管理者の資格を取得するため、どれくらいの時間をかけて勉強をしたらいいのかについて紹介しますす。

Abacus free photo 690x457

旅行業務取扱管理者の資格取得に必要な勉強時間は約100~200時間

独自調べとなりますが、旅行業務取扱管理者の資格取得に必要な勉強時間は、約100~200時間のようです。

どうしても暗記なども必要になる資格なので、コツコツと勉強していくことになる資格のようです。

ですので、例えば一日2時間勉強する人であれば、単純計算で100日かかりますから、3か月くらいの勉強量となります。

旅行業務取扱管理者の資格取得するための勉強法を知れば独学でも目指せます

ここでは、旅行業務取扱管理者の資格を独学で取得するための勉強法を紹介しました。

テキストや問題集を使って勉強することになりますが、色々な本で勉強するより、参考書一冊を完璧に覚える方向で進めたほうがいいです。また、過去問の勉強が大切です。

過去問題3年分がしっかり理解出来てるようになれば、合格できる可能性があります。特にJR運賃と料金は、国内・総合旅行業務取扱管理者試験の最大の難関です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年6月27日ビジネス

Posted by BiZPARK