視能訓練士が行う仕事内容とオススメの転職先

視能訓練士

視能訓練士は眼科医の指示の元で検査や訓練を行う専門家

A

視能訓練士は、医師の指示の下で目に関する検査や機能回復の訓練を行う、眼科分野の専門家です。眼科医は視能訓練士の検査結果を基に治療を行いますので、非常に重要なポジションであると言えます。視能訓練士になるには国家資格が必要となり、受験資格においても養成施設で一定期間学ぶ必要があるなど、簡単になれるわけではありません。

知名度があまり高くない視能訓練士は資格が重視されていない

近年の資格至上主義の傾向から、視能訓練士が急増しています。しかし、現状として視能訓練士の知名度はそれ程高くなく、資格を持っていなくても眼科の検査は行える点から、資格を絶対とした求人はそれ程多くないです。よって、転職活動を行う際にも資格を取ったからといって、安心できないと言えます。

科学の発展から見ると視能訓練士の将来性は十分にある

視能訓練士の将来性を考えれば、転職先としてオススメだと言えます。高齢化社会に拍車がかかっていきますので、そういった高齢者による眼病の割合は確実に増加していくでしょう。また、近年では技術の進歩からレーシックも市民権を得てきており、眼の専門家の需要は高くなっているのです。科学の発展により眼の検査を行う機械もより複雑になってきていますので、無資格の人間では扱いきれなかったり、結果を判断しきれなかったりする未来が想像されています。

資格を持つ視能訓練士は専門家として信頼性がある

視能訓練士は眼科分野の専門家ですので、複雑になった専門機器の使用法や結果の正確な分析にも信頼性があります。また、適切な検査によって眼科医が適切な治療を行えるようになりますので、高齢化社会における治療方法にも期待が持てるでしょう。このように、将来的に見た視能訓練士の資格は、確実に活きてくるでしょう。

視能訓練士として転職するなら都市部の眼科がオススメ

視能訓練士の転職先としてオススメなのは、都市部の眼科です。前述したように視能訓練士の知名度は低く、かつ資格がなくても検査が行えてしまう点から、地方では視能訓練士のいない眼科が多いのです。そういった場所で転職活動を行い採用されても、給与面などが不遇になるケースは多いでしょう。しかし都市部においては、ほとんどの眼科に視能訓練士がいますので、転職をしても不遇な扱いを受ける心配がありません。視能訓練士の転職先に関しては、都市部を中心に探しましょう。

正規雇用で働く視能訓練士の収入は安定している

視能訓練士は国家資格の専門職であることから、正規雇用の収入面は安定しています。また、年数や経験に応じての昇給ベースも安定しているため、転職しても働きやすいといえるでしょう。しかし視能訓練士は、最終学歴によって昇給にばらつきがあったりもする業界ですので、事前のチェックが必要です。収入から見た傾向としては、私立大学病院・国立大学病院・私立眼科病院・眼科診療所の順で年収が高くなっています。

眼科医の指示の元で検査や訓練を行う視能訓練士の転職では都市部の眼科がオススメ

視能訓練士は古くから存在する国家資格ですが、近年その需要が急激に高まりつつあります。しかし現状として視能訓練士の需要には地域格差がありますので、転職が容易とまでは言えないでしょう。もし転職をするならば、視能訓練士が多い都市部の眼科がオススメです。下手な場所に転職してしまえば、不遇な扱いを受ける可能性もあります。また、視能訓練士を含む眼科の医療業界は今後改善されていく予定ですので、時期を見て転職を行うのも1つの手です。しっかりとタイミングを見計らって、視能訓練士としての転職を成功させましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職