社内不倫が絶対にバレないための「リスク管理術」

リスク管理, 不倫

リスク管理術①社内不倫がバレたときのことを話し合う

リスク管理術の1つ目は、「社内不倫のリスクの大きさ」と、「バレたときに起こること」を、早い段階で2人で十分に話し合うことです。社内不倫のリスクの大きさは、当事者ならだれでも一度や二度は考えるでしょう。しかし、一人で漠然と考えているだけでは、リスク管理にはなりません。恋愛中は、人間はその関係を最優先に考え、自分にも相手にもどうしても甘くなってしまうものです。

客観的に社内不倫のリスクを考える

大切なのはできるだけ客観的に、社内不倫のリスクを考えること。そのためには、2人で話し合う方法が有効です。「もしバレたら」という前提で、想定されることを徹底的に話し合いましょう。リスクを客観視できます。その意識が強固であればあるほど、「絶対にばれたくない」と考え、慎重に行動するようになりますから、結果としてリスク回避につながるというわけです。

リスク管理術②社内不倫の噂が出ても無視

同じ会社にいる2人の関係なのですから、いくら気をつけていても、どこからか「噂」が立つということもありえます。その時に動揺したり、必至に否定しては、かえって怪しまれてしまいます。ですから、たとえ噂が立っても、泰然自若として構え、おかしな言い訳はしないこと。あくまでも「まったく身に覚えがない」とリスク管理術としてシラを切り通すようにしましょう。

社内不倫の噂が出たら一度距離を置く

「一笑に付す」という態度が、そういう場合にもっとも有効な対処法です。社内不倫の噂はあくまでも噂であり、証拠があるわけではありません。ですから、堂々としていればいいのです。ただし、噂が立った以上、それまでどおりの関係を続けるのは大変リスクが高く危険です。少し距離を置くか、できれば、関係を一旦解消し、社内不倫の噂のほとぼりがさめるのを待つことをおすすめします。

リスク管理術③再び社内不倫の噂が出たら関係を断つ

Beach 685786 1280

一度社内不倫の噂が立っても、どうしても関係を続けたい、別れたくない、という場合は、さらなるリスク管理が必要になります。まず、社内不倫の噂が立った段階で2人で話し合い、「次に社内不倫の噂が立ったら、そこでピリオドを打とう」と決めておきましょう。それだけ強い危機感を持つことが必要なのです。

不倫相手と2人きりになるシーンは避ける

不倫相手に対する社内での言葉づかい、態度、表情など、徹底的に気をつけるようにしましょう。少しでも「怪しい」ところがないように互いにチェックしましょう。ただ、俳優でない人間にとって、それも限界があります。ですから、同じ部署であっても、できるだけ社内で言葉を交わすことは避けるべきですし、まして2人きりになるようなシーンは、絶対に避けなければなりません。仕事をする上で、かなり窮屈なことになりますが、社内不倫のリスク管理には、そのくらいの努力は必要なのです。

社内不倫はリスクが大きくバレる可能性も高い

社内不倫が絶対バレないための「リスク管理術」についてまとめてみましたが、いかがでしょうか。「2人で力を合わせて、リスクを徹底管理する」という意識を持つことが大切です。社内不倫はバレたらアウトという前提で、できるだけ早く2人で話し合い、対応策を考えることをおすすめします。これは、一種のプロジェクト計画と言ってもいいでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス