【意外に使いどころが多い!!】整理収納アドバイザー試験の難易度とは!?

2017年1月16日整理収納アドバイザー

そもそも、整理収納アドバイザーって何!?

まずは、その資格を受けるときには、その資格について知っておかなければいけませんよね。

そもそも、整理収納アドバイザーって、他の資格に比べてあまり聞く機会もないですよね。この資格に関してしっかりと押さえておきましょう。

簡単に言えば整理整頓に関しての知識がある「片づけのプロ」

この整理収納アドバイザーという資格ですが、簡単に言ってしまうと、整理整頓に対して、知識やスキルを持っている人ということになります。

整理収納のスキルを評価する、認定された資格の一つです。

また、1級などを取得するとプロとして活動もでき、仕事に活かすことも出来る資格ですから。年々その人気が上がっている資格の一つでもあります。

2003年に立ち上がったハウスキーピング協会というNPOが運営している資格なり、元々はこのハウスキーピング協会とは家事代行サービスをしていた企業なんです。

整理収納アドバイザ資格の階級ごとの違いって…

では、この整理収納アドバイザ資格の階級ごとの違いってどんな違いがあるのか気になるところですよね。ここで、その違いに関して、紹介していきますので、みていきましょう。

1級になるとプロ活動もできるようです

資格は1〜3級まであるそうです。

3級に至ってはオンラインで受講もでき、2級は一日のセミナーを受講することで取得可能だそうです。

ただ、1級になるとハードルも高く難しく厳しいものになります。

1級に関しては、試験を通らないと資格を取得することができないようです。

1級取得者は約2,500人。1級の上にコンサルタント、認定講師などの上位資格もあります。

1級になると他者へ収納整理術をアドバイスできるようになり、片づけのプロフェッショナルとして稼働がきるようになります。

2級までは自分の環境の整理整頓を向上させる目的があるようです。

整理収納アドバイザー試験の難易度とは!?

では、ここで、本題である、整理収納アドバイザー試験の難易度はどれくらいなのでしょう!?

そこに関して、調べていますので、みていきましょう。

整理収納アドバイザーは、特定非営利活動法人 ハウスキーピング協会の認定資格ですが、難易度に関しては、極めて優しい資格だと言えます。

1日の講習とテスト提出で2級を取得できます、その後2日間の予備講座と試験で1級の取得が可能のようです。ですから、2級は難易度は非常に優しいですが、1級は1次と2次の試験がありますので勉強しないと合格する事できません。

1級は、一次は筆記テストで二次はプレゼン(実技)試験になるようです。

ただ合格率は70%程と高め、しっかり勉強すれば合格する事ができます。

まずは、興味を持つかどうかで、取得できるできないか決まる資格だと言えると思います。

ですが、需要度も高くて、人気の資格であり、プロとして活動できるようになれば、幅広いジャンルで活躍できる資格でもあるようです。

整理収納アドバイザー試験の難易度のまとめ

いかがでしたでしょうか!?

今回は、整理収納アドバイザー試験の難易度に関しての紹介しましたが、参考になりましたでしょうか!?

この資格は、年々と資格を受ける人も増えているみたいで、人気の資格のようです。

また、今後どうなるかはわかりませんが、今のところ比較的に取得しやすい資格で、狙い目でもあるみたいなのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK