残業申請が却下され残業代が出ない理由とは

2016年11月29日残業申請

残業申請を却下されたら残業代ももらえない?

Dollar 653241 640

タイムカードで毎日出入をカウントし、それによって残業代を計算する方法ではなくて、残業をするにあたって申請をさせて許可が出れば残業をするという形をとっている会社があります。

申請しても許可が出なければ残業NG!サービス残業に追い込まれる場合も

この場合、申請しても許可が出なかったら残業をしてはいけないということになり、労働者が残業をしないと仕事を終われない場合、許可がおりずサービス残業をするしかないという状況に追い込まれることがあります。

残業代を出さないという会社側の言い分が通るの?

仕事が予定通りに進まないと言うことはあります。その日にここまで終わらせるとスケジュールを組んで仕事をこなしていたとしても、その日は電話や問い合わせが多かったり、途中でトラブルなどの対応をしていて実際終えるべき仕事が終わらなかったということはあるのです。

会社が言い分を通した時は違法となる!

ですからそれを会社側が、残業をされると残業代がかかるから緊急以外は認められないといったり、それでも仕事をもたもたしているから終わらなかったんだから残業するのはおかしいといった理由で却下しようとするのは間違っているのです。

もしその日に終えなければいけない仕事を終えらなかったのは自己責任だとサービス残業をさせ、残業代を払わなかった場合は違法行為になります。

残業代を申請したけど却下!?それでも残業をした場合はどうなるの?

どうしても会社が残業の申請を却下し、認めてくれない。結果としてサービス残業をするしかないから残業代は発生しないと諦めないでください。

必要である残業の申請をしているのにも関わらず却下された場合でも、実際行った残業にかかる残業代は請求することができます。

Fall 163496 640

それでも請求!認められないなら労働基準局へ

そもそも会社とは労働者の勤務の状況を把握し管理する必要があります。会社側がその仕事量を調整できていないから残業しなければならない事態が起こるのであって、残業をした人の責任にするのはおかしなことなのです。

残業代が出ないからと仕事を持ち帰って家でする必要などはありません。サービス残業だからもらえないと泣き寝入りする必要もありません。しっかり働いた分は会社に残業代として請求し支払ってもらうようにしましょう。却下されても違法であることを告げ、請求してもらうようにしましょう。応じてもらえないときは労働基準局などに相談にいくようにしましょう。

残業申請が却下され残業代が出ない理由は企業の怠慢!労働基準局に相談を

残業申請が却下され残業代が出ないのは違法です。労働者としては働いた以上、会社側にはきっちりとその分の給料を払って貰わないと意味がありません。やる気やモチベーションも下げますし成果自体の質も下げることになります。却下されても違法であることを告げ、請求してもらうようにしましょう。応じてもらえないときは労働基準局などに相談にいくようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK