偉そうな態度をとる後輩や部下の教育方法

教育法, 部下

偉そうな後輩や部下は気にかける姿勢で教育

Control 427512 640

あなたの部下や後輩が、偉そうな態度を取る場合、多くは仕事に対する自信を持ち始めている時です。業務にも慣れて余裕が生まれ、何でもできる気になるのが原因で偉そうな態度へと変わっていきます。

まずは、本人の成長が止まってしまうのを心配する姿勢を見せてみましょう。これから学ぶべきものがあり、貪欲に成長する気持ちを持たなければならない時期。自信を持つのは良いのですが、成長しきったと満足感を持つことのないよう、高い品質の仕事をするように教育することが必要となります。

目標を高めてやる気を引き出す

現在行っている業務の目標を一段高めて提示すれば、自らの今現在の実力を再認識し、偉そうな部下や後輩が仕事を学ぼうという心に変化する可能性があります。

その際に教育する側が、仕事振りを見せることによって、具体的な人物像を目標として示すのも良いでしょう。

あえて部下や後輩の成果を認めてみる

あなたの部下や後輩が偉そうな態度を取っていると、生意気に感じるもの。

けれども実際にそれなりの仕事をこなしているのであれば、認めて褒めるのも教育に必要です。その上で、多少負荷がかかる程度の仕事を与えて、もう一段階の成長も見込めます。

あるいは業務の質を高めるように課題を出すのも有効です。まずは、褒めて伸ばす教育にシフトしてみましょう。

成長のため上昇志向を再起!

偉そうな態度をとっている後輩や部下の今後で、危惧しなければならないのが、本人の成長が止まってしまう点です。つまり上昇志向を失わないような環境を与えるのが必要となるわけです。

偉そうな態度を取るのは余裕を感じているのが原因ですが、やり甲斐のある仕事に取り組めていないと不満を持っている場合もあります。そこまで仕事に慣れるよう取り組んできた部下や、後輩を認めることが必要です。褒めることで、その能力をさらに高みへと引き上げるケースに繋がるかもしれません。

部下や後輩に基本の大事さを説く

仕事に慣れて偉そうにしている部下や後輩にとって、簡単な仕事には見向きもしなくなる傾向があります。

基本的な仕事ほど、真剣に取り組む姿勢を教育するのが大切。とはいえ、言葉でいくら語っても聞き入れなかったりします。そこで上司として、基本となる仕事に真摯に取り組む姿勢を見せるのが必要です。

Military 662863 640

成果の差をみせて再教育

基本を教え直すには、部下や後輩が行う仕事より高い品質で、成果を出せば説得力が増します。

つまり上には上がいるを、無言で伝えるのが大切というわけです。基本的なスキルの高さを目にすると、偉そうにしていても、自分の力不足を感じるようになります。

仕事の奥深さを教育するために、口で指示を出すよりも仕事に取り組む姿勢を見せる形で教育するのがポイントとなります。

偉そうな部下や後輩には仕事の成果の差を形で見せて再教育!

あなたの部下や後輩が偉そうにしているのは、もっとやり甲斐のある仕事を求めるサインとも受け取れます。

そういった人材を教育するために必要なのは、まずその能力の高さを認めた上で一歩先の仕事へと態度から向かわせる点です。そのような環境を与えつつ、基本的なスキルの向上を促すように高い品質の仕事を行う、上司としての姿を見せる教育をしていきましょう。部下や後輩が偉そうな態度をとったからといって、ただ説教するだけの教育では意味がないのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス