部下の育成に関する論文の書き方について

論文, 部下

部下の育成に関する論文の書き方①:褒め方、叱り方の注意を書く

Papers 262731 1280

部下の育成に関する論文の書き方について紹介していきます。部下の育成に関する論文にまず書くべきは、部下の褒め方、叱り方に関する自分なりの注意点です。部下の叱り方、褒め方というのは、イコールしてその人なりの育成の仕方の工夫になります。それ次第で部下の成長は大きく変わってくると言っても全く過言ではありません。

自分なりの工夫や理由がわかる書き方が大切

ですから、まずはそこに関する自分なりの工夫について述べて、自分の育成のあり方を示してあげてください。部下を叱る際、あるいは褒める際に何の工夫もしていないということはなかったでしょう。たとえば「人前で褒めるようにして、叱る時には二人で」とかそうした工夫はあったはずです。その工夫と理由を記載した書き方が大切です。

部下の育成に関する論文の書き方②:部下のモチベーションの操り方を書く

そうして叱り方、褒め方に関する工夫と、その理由に関して記載していったら、部下の育成に関する論文には、次には、部下のモチベーションのコントロール方法について記載していきましょう。部下のモチベーションをうまく操れてこその部下の育成の上手い上司です。褒め方や叱り方意外に、どんな点に注意して部下のモチベーションをコントロールしていたか考えてみてください。

やり方よりも理由を述べる書き方が大切

きちんと理由を述べることができれば、そのやり方については何でも良いのです。自分で何故そうしたいと思ったのかを、きちんと記載していきましょう。

肝心の中身はいろいろありますよね。書き方としては「なるべく部下の意見を求めるようにしていた、何かあれば部下に相談するようにしていたとか」など、どんなことでも良いのです。これは報告書ではなくあくまでも論文なので、大切なのは方法ではなくなぜそうしていたのか、ということです。

部下の育成に関する論文の書き方③:部下のスキルアップをどう援助したかを書く

気持ちの面でのフォローだけではなく、部下の育成のためには、部下のスキルアップに関する協力も必要ですよね。したがって、部下の育成に関する論文に書くべき最後のポイントは「どのようにして部下のスキルアップを援助していたか」というになります。

スキルアップに協力した姿勢を示す書き方が良い

ここでは、スキルアップに協力していたという姿勢を示すことが大切になります。

ですから、ここでもあまり方法の内容については問題ではありません。論文ではなぜそれがスキルアップにつながると考えたのかということについて、多くの文字を使うと良いでしょう。書き方としては「いつも頑張らないとできないくらいの量の仕事を与えるようにした、スキル的にぎりぎりの仕事をたくさん振った」などいろいろありますね。なぜそうしていたのかを明確にしてください。

部下の育成に関する論文の書き方まとめ:「なぜそうしたか」を書くことが重要

以上、部下の育成に関する論文の書き方についてです。これらの3点を盛り込んで書いていけば、良い部下の育成に関する論文が出来上がっていくでしょう。3点とも「なぜそうしていたのか」が大切なので、そこに着目して、しっかりポイントを抑えた論文を書いていって下さい。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス