部下の退職について上司が押さえておくべきポイント

上司, 部下

部下の退職は上司の評価に影響

Office 730681 640

自分が部署で一番上の役職に就いている上司であれば、部下の退職は自分の評価に影響を及ぼします。どのような理由による退職であっても、上司が部下を上手く引き止めなければ、それによって会社に多少の不利益がもたらされます。

上司が退職を考えている部下を引き止める理由

部下が退職せずに、順調に出世をすることで、上司である自分の指導力を評価してもらえます。退職したくても退職できない為に、下がっている部下のモチベーションを高めて結果を出してもらっても、上司である自分が評価されます。自分が挙げる成果以外も評価対象になるので、あらゆる面で良い評価をしてもらいましょう。

上司は部下の退職理由を理解する

部下が仕事や人間関係で悩んでいた場合に、上司や周囲が放置したのが原因で退職する可能性があります。部下がそこまで追い詰められる前に、上司として悩み事の相談に乗って解決してあげましょう。悩み事の原因が上司である自分の可能性も含めて、退職したい理由を聞きだしましょう。

部下にとって頼れるのは上司

部下の退職理由が仕事や人間関係で悩んでおり、その内容が他の部下からの嫌がらせや仕事の押し付けであった場合には、上司として直接注意しましょう。上司の影響力は非常に強く、部下の力ではそういった問題は一人で解決するのは難しいです。その際には、退職を考えている部下が上司に告げ口をしたと思われない様に、実際に嫌がらせを受けているところを目撃して、その場で注意することが大切です。

部下の退職を考え直す機会を作る

上司は退職したいと考えている部下に対して、精神論で引き止めようとしても、益々退職の意思が固まってしまうだけです。部下が精神的に追い詰められてしまっているのであれば尚更なので、上司は必ず論理的に引き止めましょう。上司として部下には会社を勤め続けるメリットや、退職するデメリットを説明して、部下の退職を考え直す機会を作ります。

上司は部下が再び退職を考えない工夫

退職を考えている原因を解決が重要ですが、再び退職を考えられないように、部下を評価している内容を伝えましょう。部下をしっかり褒めて、仕事に対するモチベーションを上げてもらい、仕事で辛い内容があっても逃げないように成長してもらって、簡単に退職を考えなくなります。

上司は部下が退職を考え直したとしても向き合い続ける

会社を退職することは、簡単にはできません。仕事や人間関係において苦労する経験は、結果的に精神的に強くなり、人として成長できます。その際に簡単に諦める癖がついてしまい、再び退職を考えてしまいがちになります。上司が、部下の精神状態を見て、モチベーションが上がる様な言葉をかけてあげる働きかけが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日転職