仕事で仮病がばれる理由とばれた時の対処法

仮病

仕事を休むときに仮病がばれた!ばれやすい理由とは

Despair 513529 640

まず最初に、仕事を休むときに仮病がばれる理由から見ていきましょう。

そもそも、仮病がばれた、となってから対処方法を考えていたのでは手遅れです。

仮病を使って仕事を休むならば、会社にばれたケースを先に知っておき、それに向けて対策を練る必要があるのです。

つまり、仕事を仮病で休む際は「ばれたらどうしよう」「あの理由で休んだから翌日以降の振る舞いをこうしよう」などを考えるより、ばれる事がないような対策にこそ力を注ぐ必要があるのです。ですが、そもそも仮病を使うという魂胆はほめられたものではありません。仮病を使わないと本当に辛く、どうしようもないという場合においてのみという前提であることをご理解ください。

風邪や腹痛はばれる理由なので避けよう

仕事を休む理由として「風邪」や「腹痛」は会社にばれる可能性が高い理由といえます。

風邪は仮病の中でも最も一般的です。つまり、それだけ仮病の風邪はばれる可能性を大いに孕んでいるという意味なのです。

もちろん、ばれるかどうかは個人の演技力次第ではあるのですが、風邪という仮病を使う際は、非常に高い演技力が要求されるので、どこかでボロがでて結局ばれる、といったケースも少なくないのです。

どんな場合に仮病がばれるのか

仕事を休むときに使う仮病で、風邪はばれる可能性が高いのは分かりましたが、それ以外の理由などで、どういった場合に「仮病がばれた!」となるのでしょうか。

仮病で仕事を休む際は、ばれるケースも事前に把握しておき、そういった状況にならないように対策を練りましょう。

病欠の場合に診断書の提出を求める会社は要注意!

仮病を使って仕事を休んだのがばれた、という状況に陥るケースが多いのが、会社が病欠をする労働者に対して、病院からの診断書の提出を求める場合です。

そもそも仮病で休んでいる訳ですから、病院へ行っても診断書がもらえる可能性は低いです。後日出勤してから提出を求められて、八方ふさがりになってばれた、というケースは得てしてばれてしまうので要注意です。

仮病で仕事を休んだのがばれたときの適切な対処法

もし万が一、仕事を仮病で休んだと会社にばれた場合は、どう対処すべきかを最後に見ておきましょう。

ヘタな言い訳はせずにひたすら素直に謝罪するのか、それともまだ確信がないのであれば白を切り通すのか、どちらが適切なのでしょうか?

ばれたらとにかく謝罪するしかない!誠心誠意謝る

Businessman 598033 640

仮病で仕事を休んだ事実がばれたのであれば、とにかく素直に謝罪するしかありません。誠心誠意謝って、理解してもらえるように努めましょう。

これは、後々に問題を大きくしないためにも重要です。

その中でも、直属の上司に対しては特に丁重に謝るのが大切です。

もしかすろと、くどい説教や注意をされるかもしれませんが、全て「はい」「わかりました」と答えるのが正しい対処法です。

仮病で仕事を休んだのがばれたらとにかく謝罪するしかない!

今回は、仕事で仮病がばれる理由とばれた時の対処法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

仮病で仕事を休んだとして、そのことが会社にばれたのであれば、できる事はただ一つ、謝罪だけです。

とにかく何を言われても素直に謝るしかありません。

そうならないためにも、仕事を休むときはばれやすい仮病の理由や仮病がばれる状況についても前もって知っておき、ばれない対策を取る必要もあるのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス