転職者が給与交渉しやすいタイミングと応募方法別の交渉術

給与交渉

転職の目的の1つは給与アップ

A0001 009328

転職の目的は人それぞれで、今の職場が嫌で仕方がないというものから、より働き甲斐のある職場で働きたいとか、引越しに伴って今までの職場には通えなくなるとか、いろいろな理由、目的があります。しかし、転職の大きな目的の1つが、給料を上げたい、という点にある人もたくさんいます。もちろん、ただ転職すれば給料が上がる、ということばかりではないでしょう。

転職先での給料は交渉ごとになる

新卒での就職活動、その後働いている間の給与改定で、給与交渉をする機会はあまりないものと思います。従って交渉術を学ぶ機会のないまま、転職して初めて給与を会社と話し合って決める、つまり給与交渉をタイミングよく行う必要が出てくることがあります。交渉ごとをうまく進めるためには、タイミングを適切に選ぶことが何より重要です。では給与交渉はどのタイミングで行ったらいいのでしょうか。

給与交渉のタイミングは応募に応じて異なる

タイミングについて一般に、その会社への応募が、会社のホームページや募集広告をみて直接応募したのか、転職支援会社などのエージェントを通じて行ったのかによって適切なタイミングが異なります。転職の際自分で応募した場合には早めに、エージェントを通した場合には、最後にというのが給与に関する交渉タイミングを考える上での大原則です。

自分で会社に応募した場合のタイミングは難しいので事前に把握しておく

自分で会社に応募する場合、募集もないのに応募したのであれ、募集広告を見て応募したのであれ、会社が予定している給料の予算を事前に把握することが困難です。従って、1次面接の際に、想定している給与はどれくらいですか、と聞いておくべきですし、転職後の希望額を下回る場合には自分の希望額を伝えておくことになります。これは給料額で折り合えないような会社の面接に何度も付き合うことを避ける、という意味でも重要です。

エージェントを通して応募した場合のタイミング:内定をもらってからでも安心

エージェントを通して応募した場合には、転職者はエージェントに希望の年収額を伝えているはずですし、会社もエージェントにおおよその予算を伝えています。エージェントはその両方を把握していますので、いざ内定をもらってから希望の給与とはかけ離れていたということが起きづらく、従って給与について早い段階で交渉する必要はありません。

給与交渉の前にすべきことは選考に全力で挑むこと

給与交渉は、会社に、この転職者を採用したい!と思わせることが有利に運ぶベストな方法ですから、まずはそのように思わせることに全力を傾けるべきなのです。そして、会社側が内定を出したいと思った段階でそれがエージェント(エージェント経由で転職者)に伝えられますので、それを聞いてから交渉をスタートさせる方法が望ましいです。

転職の給与交渉しやすい応募方法別自分でのタイミングは直接ならば事前把握し間接ならば内定後でも安心

転職者が給与交渉しやすい応募方法別のタイミングについてご紹介しました。転職の目的の1つは給与アップですが、転職先で交渉ごとになります。給与交渉のタイミングは応募方法に応じて異なり、自分で直接応募した場合とエージェントを通して応募した場合で分かれます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職