仕事で早退!罪悪感が残る次の日の対応

早退

仕事の途中で会社を早退してしまったことに罪悪感がある…

Domino 163523 640

仕事がまだある中で、仮病を使って会社を早退したものの、なんとなく罪悪感がある…という方もちらほら。まず初めに、会社を仮病で休んでしまった体験談から見ていきましょう。

仮病で会社を早退した体験談①騙したことで罪悪感に苛まれている

会社を仮病で早退することにしました。仕事もまだある中での早退なので、罪悪感はありますが、本当にもう帰りたかったんです。

優しい上司を騙してしまったことに少しつらいです。

仮病で会社を早退した体験談②無断欠勤ではないのに罪悪感でいっぱい

遂に仮病を使って会社を早退してしまいました…。無断欠勤したわけではないのに、罪悪感でいっぱいです。仮病なんで、次の日どうしようか悩んでいます…。

罪悪感のある次の日はどうすればいい?

仮病で仕事場を早退して罪悪感があったとしても、変に体調不良を装ったりする必要はありません。次の日は堂々と出勤して、しっかり仕事をこなしていきましょう。

また、周囲も気付いているかもしれないため、忘れないようにすべきこともあります。それは何でしょうか?

仮病で仕事を早退した場合は、まず謝罪する

仮病で仕事を早退したことで、罪悪感があるかと思います。その時には、まず謝罪するというのも必要でしょう。

仮病はどこかでぼろが出ることも多いです。

仮病の分を取り戻すべく、しっかりと仕事に取り組む

仮病で仕事を早退したことで、自分の心が少し痛んだら、翌日からそれを取り戻すべく、しっかり仕事に取り組んでやればいいです。

また、周囲から何も言われないのであれば、さらっと流してしまうのも一つの手でしょう。

罪悪感を感じる必要はない

つい仮病で休んでしまうと、罪悪感を覚えがちですが、そんなことは全く不要であると言えるでしょう。それでは最後に、なぜ仮病で仕事を早退したにも関わらず、罪悪感を感じる必要がないのか見ていきましょう。

仮病した日やその次の日は世界中を敵に回した気分になる

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7 m

たとえ仮病で仕事を早退したとしても、人間は思いのほか誠実な生き物です。そのため、仮病で仕事を早退した日や次の日というのは、世界中を敵に回したような気分になってしまうものなのです。

仮病で仕事を早退したことについて責任を果たす

仮病で仕事を早退したからといって、会社に対して責任を感じる必要はありません。むしろ、会社に対してというよりも、仮病で仕事を早退したことについてきちんと責任を果たすべきなのです。

そのため、仮病した次の日は堂々と出勤をし、仕事に励みましょう。

仮病で仕事を早退したら、罪悪感を感じるよりきちんとその分の責任を果たそう

仮病で仕事を早退したら、その日だけではなく次の日も罪悪感が残るものですよね。

しかし、罪悪感を感じるだけで終わりではなく、仮病して早退した際にやり残した仕事を責任もって取り組むことが必要です。

また、仮病はいずれぼろが出ます。そのため、責任もって仕事に取り組むだけではなく、きちんと謝罪することも必要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス