市民税の重要性と払えない場合にとるべき適切な対応

市民税

市民税とは市の公共サービスの費用となる優先すべき税金

A

日本国内に居住する上で様々な税金が求められる中、最も生活に身近な税金と言えるのが、市民税です。市民税とは、地方自治体の重要な財政源である地方税の一種で、主に市町村のうちの市が徴収する住民税を指します。市民税は、市が提供する様々な公共サービスの費用として活用されているため、特に優先して支払っておきたい税金です。

市民税を滞納し続けると様々なペナルティが科される

市民税を初めとした税金は、国税や地方税などの種類を問わず、原則としての支払い義務が課せられています。このため、何らかの理由から市民税を適切に支払わないまま滞納し続けると、様々なペナルティが科される仕組みです。中には、生活に直結したリスクも多く存在しているので、資金に余裕が有る段階ではできるだけ率先して払うべきとなります。

市民税がどうしても払えない時には適切な対応が大切

市民税の重要性を理解しつつ、どうしても払えない状況に陥ってしまう状況もあるでしょう。このため、市民税が払えない世帯や市民を対象に適切な対応を行えば、滞納によるリスクを最小限に抑えられます。どうしても払えないからといって滞納して放置するのではなく、必ず適切な対応を行うようにしましょう。

市民税が払えない時の対応①:納税窓口に相談する

市民税が払えない状況に陥ってしまった場合、恥ずかしがらずに必ず市の納税窓口に相談するようにしてください。自治体も、やむを得ない事情から、払いたくても市民税が払えないという世帯に対して、様々なバックアップ制度を設けているはずです。誠意を持って適切に申告や相談を行う市民に対して、これらバックアップ制度を通じた滞納分の猶予や延納、分納など様々な助成案を提示してくれるでしょう。

払えない人に対しては猶予制度・延納制度・非課税認定などが行われる

市民税が払えないのであれば、必ず市にその旨を報告した上で、どのような行動を行えば良いか相談しましょう。市も、こうした財政困窮者や世帯に対して、様々な助成を行っています。例えば、収入が安定していない世帯には、市民税の納付を猶予する猶予制度、納税期間を先延ばしする延納制度、また財政的に非常に苦しいと判断された場合には、市民税の非課税認定なども行っているのです。ただし、これらの手続きは全て、所定の申告と相談を行った市民だけに対して行われる受動的な制度となるので、覚えておきましょう。

市民税が払えない時の対応②:必要額を借り入れる

市が提供する様々な制度を活用する以外で、払えない市民税への対策としてあげられるのが、借入金の利用です。近年カードローンやキャッシングなど、手軽にお金を借りられるサービスが提供されており、市民税の納付期限までどうしても資金が用意できず払えない場合の、一時的な借入として利用できます。ただし、借入金には借り入れた分の額と期間によって利息が発生するので、払えない市民税への対策として借入を利用する場合には、計画的に最小限度の借入額で抑えておきましょう。

公共サービスの元となる重要な市民税が払えない場合は納税窓口へ相談するか必要額を借り入れる

市民税の納付は、その市に居住する全ての住民の義務です。ただし、やむを得ない事情からどうしても市民税が払えないという状況に陥ってしまった場合、そのまま放置して滞納者となるのではなく、必ず市の窓口に相談するようにしましょう。これを実践するだけで、市による減免措置などの対策が受けられます。また、手持ちの資金がなく期限までに払えない場合には、キャッシングなど短期間の借入サービスを利用するのも1つの手になります。自身の経済状況や払えない市民税の期限と照らし合わせて、適切な対処を心がけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職