借入金の返済にまつわるコツと注意点

2017年1月16日借入金

借入金の返済は毎月が原則

31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8 s

住宅ローンやキャッシングなど、様々な割賦商品が登場する中、こうした商品を通じて借入金を利用する消費者が増加しています。借入金を利用した場合、完済し終わるまで定期的な返済の義務が課せられますが、原則として借入金の返済行為は毎月定期的に実施するのが求められます。ただし、ローン会社や商品、契約内容に応じて、返済する日時は微妙に違いがあるため、契約している商品がどの日時毎に返済を受け付けているのか、事前に把握しておきましょう。

1回の滞納でも様々なリスクが内在する

住宅購入やマイカー購入など、何らかの商取引のために借入金を利用した場合、借入金の総額とそこに加味される利子分から毎月の支払額を設定した上での返済が求められます。一定期間毎の返済を1度でも見逃した場合、これは滞納という行為に位置づけられ、滞納者に対して様々なリスクが課せられる危険性があるからです。中でも、督促を受けた上で更に滞納し続けた場合には延滞金や滞納の事実の記録など厳しいペナルティが科せられ、以後の商取引にも影響を及ぼします。

借入金の返済は繰り上げが可能

クレジットカードのキャッシングや、各種ローンなどを通じて一定額の借入金を利用した場合、毎月定額を返済するのが基本的な返済方法です。しかし実は、手持ちの資金に余裕が有り少しでも早く返済したい場合には、希望する回数分だけ繰り上げて返済できるのです。これを、繰り上げ返済と言います。繰り上げ返済は現在、大半の金融会社やローン会社で適用されている返済方法の1つに当たるので、少しでも早く借入金の額を減らしたいという方は、利用しない手はありません。

繰り上げ返済の利用は計画性を持って行う

1度でも繰り上げ返済を利用してみると、本来利用しなかった場合と比べ、精神的にも金銭的にも様々な恩恵が実感できるでしょう。ただし、繰り上げ返済を利用するのは、その分だけ本来残るはずであった手持ちの資金が減ってしまいます。また、繰り上げ返済については、大半の金融商品で事前の申請が必要となるため、申請を行った後に急な出費が必要となった場合、最終的に余剰資金が不足してしまうという危険性も考えられます。あくまでも手持ちの資金に余裕が有るかどうか、急な対応が可能かどうかを把握した上で、実際に利用するかどうか計画的に検討する事が重要です。

借入金は借り換えて返済もできる

繰り上げ返済と共に、借入金を通じて発生するはずであった利息分を減らすことができる返済方法として利用されているのが、借り換えです。借り換えとは、現在契約している借入金の契約内容よりも、より安い金利で同額が借りられるローンを利用して資金を手に入れ、その資金を以前の借入金の全額返済に充てる方法になります。借入金の総額自体に違いはありませんが、金利分が確実に安く仕上がるので、最終的に支払う総額がその分だけ安く済むというメリットが実感できるでしょう。特に、巨額の借入金となりやすい住宅ローンや、高額な自動車ローンで利用されている方法です。

手数料と金利差の兼ね合いを確認する

借り換えによる返済を上手に利用できれば、実際に金利分の差額がそのまま手持ちの資金となります。ただし、ここで1つ注意しておきたいのが、借り換えによって発生する手数料の存在です。実は、ローン契約を行う際、契約内容によっては消費税を含めた各種手数料が数万円単位で必要になります。借り換えを行うことで金利差による差額がこの手数料を上回っているのであればプラスになる一方、手数料が金利差額を上回ると逆効果となってしまう点に注意しておきましょう。検討した結果こういった可能性がでる場合には、手数料が更に割安なものや、無料で設定されているローンを使った借り換えを検討するなどの対策が有効です。

借入金の返済は毎月するのが原則であり繰り上げや借り換えも可能だが手数料などの兼ね合いは確認する

借入金には、毎月の返済の義務と共に、契約時に設定した利率分の利息が併せて徴収されます。また、返済を滞らせてしまうと滞納と見なされ、様々なリスクが加算されてしまうので、必ず適切で無理のない返済計画を立てるのが大切です。借入金の返済には、繰り上げ返済や借り換えなど、様々な手法を通じて返済金の総額を目減りさせることができます。しかし、条件によっては逆効果となってしまう可能性もあるので、計画性や効率性を重視した適切なアクションを実践しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK