志望動機で化粧品会社へ伝えるべき3つのポイント

化粧品業界

化粧品会社への志望動機のポイント①:ファンであるのをメインにしない

Gf01a201502200100

化粧品会社への志望動機でおさえておきたいポイントの一つとしてまずいえるのが、その化粧品会社の化粧品ファンであるのをメインにしないことです。ファンであるのは悪くありません。ですが、ただのファンを採用していたらキリがないと言えます。ですから、ファンであるのを志望動機のメインにするのは避けましょう。

会社側が欲しいのはファンではなく戦力

というのも、化粧品会社の採用に限らず採用活動で会社側は、戦力になってくれる人に入ってきてもらいたいと思っています。会社というのは利益を上げていかないと運営できなくわけですから、それも仕方ないと言えるでしょう。ですから、ファンなだけでは魅力的にはまず思えないのです。それを志望動機のメインにしてしまうと、どんな戦力を持っているのか見えなくなるでしょう。

化粧品会社への志望動機のポイント②:出来ることをアピールする

化粧品会社の志望動機では、化粧品業界で自分は何ができるのか、何がしたいのかというのを述べていく必要があります。化粧品業界でどんな仕事がしたいのか述べることによって、きちんと熱意が伝わりますし、何が出来るのかを述べていくと、ファンではなく戦力になりたいと思って入ってきてくれていると伝わるものです。

会社の強みや特徴とずれたアピールをしないように注意

何が出来るのか、何がしたいのかというのは、その化粧品会社の強みや特徴をしっかり把握していくと、より魅力的に伝えられるようになるでしょう。自分がやりたい仕事、自分が出来る内容と、会社が求めているものがずれていたら、魅力的に思われることはなくなっていきます。ですから、事前にしっかりと調べておいて、志望動機では戦略的にアプローチしないとならないのです。

化粧品会社への志望動機のポイント③:熱意を伝える

化粧品会社への志望動機では、化粧品業界の良くない点を把握した上で、それでも入りたいと感じているというエピソードをアピールしていくとすごく印象が良くなります。口でファンではないと言われても、ファンである可能性が捨てきれないのが化粧品業界です。辛さを知った上でそれでもその化粧品会社に入ってきたいと思っているのであれば、純粋な高い熱意が伝わります。

辛くても入社したいことをアピールする

ではそんな志望動機に必要な化粧品会社の辛さのエピソードは、どんなモノにすればよいでしょうか?それはやはり美容部員の方に聞いたエピソードであったり、アルバイトで実際に接したエピソードだったり、具体的なものでないとなりません。ですから、何かしらそういう機会を作り、化粧品会社への志望動機をより強固なものにしていってください。

化粧品会社の志望動機ではファンアピールをやめ業界の辛さを知ったうえで入社したいと伝える

化粧品会社への志望動機でおさえておきたいポイントは、ファンであるというのを志望動機のメインにしない、化粧品会社で何がしたくて何ができるのかを述べる、化粧品会社の辛さを知った上でそれでも入社したいと感じさせる、の3つになります。これらのポイントを抑えて、強い志望動機を作り出していきましょう。志望動機はとても大切なものなのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月12日転職