ナレッジとノウハウの言葉の意味と違い

ナレッジ, ノウハウ

ナレッジは知識を意味する

Write 593333 1280

ナレッジとノウハウの意味と違いについて見ていきましょう。ナレッジとノウハウの違いとして、まずはそれぞれの意味を理解することが大切です。ナレッジは知識を意味します。ナレッジとは、いわゆる本や新聞を読んで得られる知識、すなわち勉強などによって身に着けることが出来る知識をいいます。このような知識については、実際の経験がなくても本などを読む事により、ある程度身に着けることが可能になります。

ナレッジは言葉で伝えることが可能

ナレッジとノウハウの違いとして、ナレッジは言葉で伝える事が可能です。したがって、ナレッジの分野においては本などを読んで知識を得ることがある程度有用になります。しかし、資格試験の勉強で合格したからといって、いきなりその資格を有する仕事のスペシャリストにはなれないことから分かるように、仕事をする上ではナレッジだけでは不十分です。

ノウハウは知恵を意味する

ナレッジとノウハウの違いとして、ノウハウは知恵というものに当たるということです。ノウハウというのは本や新聞などを読んで仕入れる知識ではなく、体験などを通して築き上げることができるコツといったようなものになります。このようなコツに関しては体験によってしか身につかないものになり、職人などの熟練の技というのがこの分野に入ります。

ノウハウは体験で体得する

ナレッジとノウハウの違いとしては、ノウハウに関しては体験で体得するしかないということです。したがって、ノウハウに関しては何度も何度も同じような作業に従事し、その中で感覚を掴んでいくしかありません。また、ノウハウに関しては言葉では伝えられず、伝えるといしても、例えば運動でいうなら、「ボールをゴールに置いて来る感じで」といったような感覚的な言葉でしか伝えられません。

ナレッジがノウハウの育成を助ける

ナレッジとノウハウの違いとしては、ナレッジが無くてもノウハウを身に着けるられますが、しっかりとしてナレッジが備わっていると、ノウハウを身に着ける上でのベースとして機能するので、結果としてノウハウを身に着ける上では非常に役に立つということが言えます。なので、可能であれば、しっかりとノウハウも学んだ方が結果的には近道になるでしょう。

ノウハウは真似して身に着ける

ナレッジとノウハウの違いとしては、ノウハウを身に着ける場合には真似をして身に着ける場合が多いです。ナレッジの場合は本などを読み、知識という形でどんどん身に着けていくことができます。ただ、ノウハウの場合は言語化が難しいので、人の動作や、やっている内容などを観察して、それを真似し身に着けることになります。

似たような言葉ナレッジとノウハウ2つの違いは「知識」と「知恵」を意味する

ナレッジとノウハウの意味と違いについて見ていきました。ナレッジとノウハウの違いとしては上記で述べたようなポイントを挙げることができます。仕事で言うと、実際にナレッジとして身に着けているものがノウハウに昇華された段階で初めて熟練した仕事人になるという事が出来ます。混同して使っているナレッジとノウハウの違いなど区別をつけていくようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年10月20日転職