精神保健福祉士が活躍する就職先と試験の受験資格

精神保健福祉士

精神保健福祉士の仕事は精神障害者の生活を支援すること

Hand 819279 1280

まず就職先について見て行く前に、精神保健福祉士とはどんな仕事なのか見ていきましょう。精神保健福祉士は、「精神科ソーシャルワーカー」の異名を持つ国家資格です。精神的な障害がある方がスムーズに生活できるように、支援するのが精神保健福祉士の仕事です。精神保健福祉士として就職し、仕事するには資格の取得が必要となっています。就職を考えるなら、取得方法についても調べておきましょう。また、どんな就職先があるでしょうか。

精神病院や保健福祉センターなどに就職する人が多い

精神保健福祉士の就職先には、どんなところがあるのでしょうか。精神保健福祉士の取得後、だいたいの方は精神病院や精神保健福祉センターなどに就職します。就職後は、そこにいる精神障害や心の病を持っている患者の方々の相談にのったり、支援したりすることが主な仕事になるでしょう。また、就職を考えるなら受験資格についても確認をしておく必要があります。

精神保健福祉士の受験資格は4年制大学の卒業

精神保健福祉士として就職するためにも、受験資格についても確認しておきましょう。試験に設けられている受験資格は、4年制大学で指定科目を修めて卒業した者などです。誰でも挑戦できるわけではないので、大学を卒業してから取得を考えましょう。

試験は毎年1月の下旬頃に開催される

受験資格を得たら、試験を受けて合格しましょう。そうすれば、精神保健福祉士として就職できるようになります。まずは願書申込み受付期間ですが9月上旬~10月上旬頃までです。試験の日程は、1月下旬頃の2日間となっています。そして試験地は北海道、宮城、東京、愛知、大阪、広島、福岡となっていますので、自分にあった場所を選択しましょう。

精神保健福祉士の試験で出題される内容

精神保健福祉士として就職するには、試験への合格が必要です。公益財団法人社会福祉振興・試験センターの公式サイトによると、精神保健福祉士国家試験の試験科目別出題基準には、以下のようなものがあります。

精神保健福祉士国家試験 試験科目別出題基準(一部抜粋)

  • 精神疾患とその治療
  • 精神保健の課題と支援
  • 精神保健福祉相談援助の基盤
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
  • 精神保健福祉に関する制度とサービス
  • 精神障害者の生活支援システム
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と福祉

合格率は61.6%なので試験の難易度は高くない

精神保健福祉士の合格率は、61.6%となっています。そのため、そこまで難易度は高くないと言えるでしょう。油断せずにしっかり対策をしておけば、合格できる難易度です。参考書や通信講座などを利用して、合格を目指しましょう。

精神保健福祉士の就職先は病院や保健福祉センターであり試験の受験資格は大学の卒業

精神保健福祉士の就職先としては、精神病院や保健福祉センターなどがあります。そのためには、受験資格を得てから試験に臨みましょう。精神保健福祉士というのは大切な医療の仕事です。現代社会では心に病を抱える方も多いですから、そんな方々の背負っているものを少しでも軽くしてあげましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月24日ビジネス