【上司や後輩も含む?】同僚の意味とは

2018年2月19日同僚

「同僚」の範囲は? 上司や後輩も含む??

Notepad 926046 640

同僚という言葉には、2つの意味があります。「職場が同じである人」と、「地位、役目が同じである人」です。

「職場が同じである人」という意味で使われる場合は、上司や後輩も関係なく、同じ職場の人をまとめてにして「同僚」と言います。

「地位、役目が同じである人」という意味で使う場合、当然ながら「同僚」に上司や後輩は含まれません。一般的に「同僚」という言葉を使う場面では、「地位、役目が同じである人」という意味合いで使われていることが多いようです。

目上の人を「同僚」と呼んでもいい?

「地位、役目が同じである人」を指して使われることが多い「同僚」ですが、先にも触れたように「職場が同じである人」という意味もあります。

しかし、上司など目上の人を「同僚」と呼ぶのは避けるのが無難です。やはり、「同僚」には「地位、役目が同じである人」という意味もあるため、自分が「同僚」に含まれることを不快に思う方がいるかもしれません。注意して使うようにしましょう。

まとめ

「同僚」の意味は、「職場が同じである人」と、「地位、役目が同じである人」の2つです。会社によって、"職場の人は全て同僚"として、この言葉を使っている場合もあるでしょう。ご注意ください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年2月19日ビジネス

Posted by BiZPARK