午前休を取りたいと上司に理由を伝えるときに必要なこと

午前, 有給休暇

午前休をとるためには理由が必要

Sky 414199 1280

午前休は、その理由が大切です。午前休は実際の事例がない限り、理由を考えださなければならず、全休よりも会社の人に伝えづらいです。理由として「遅刻」や「睡眠不足」、「体調不良」などがあります。人によっては「子供の行事への参加」や「家事」などが理由となるでしょう。サボりなのではないかと思われる場合であっても、無断で休んでいる訳ではないので問題ないといえるでしょう。しっかりと理由を挙げているのであれば、午前休は取得していいものです。

出来る限り早めに午前休を取ると上司や同僚に伝える必要がある

午前休はサボりだと勘違いされることもあります。午前休を取って、何かしたいとお考えの方もいますし、どうしても外せない理由があって午前休を取られる方もいます。でも、あまり頻繁に午前休を取ってしまうと、必要以上に仕事に支障がでて、ちょっと白い目で見られてしまうかもしれません。なので、出来る限り早めに上司や同僚に伝えておく必要があります。朝起きて体調が悪い時、病院に行くために午前休をとることもあるでしょう。病院に行ってから出社すると決めたのなら、すぐに連絡を行うのが社会人としての基本といえます。

午前休を取りたい場合は素直に本当の理由を伝えよう

職場によっては休日どころか、午前休さえ取りにくい場合もあるでしょう。取るに足らない理由が考え付かない人は、素直に本心を白状しましょう。こじつけたような言い訳よりも、印象が良く、相手にも伝わるでしょう。家の事情などで、会社の人に理由を知られたくないという人も中にはいます。その場合は、私事都合でも構いません。どうしても休まなければならないときに、しっかりと休日を取っていくことは重要です。休みが取りづらい現在の環境を変えていくチャンスかもしれません。

行動計画を立てるためにも午前休は必要

休まなければならない事情は誰にでもあるでしょう。休めるときに休んでおきましょう。効率的に仕事をこなしていくには、休みの使い方もポイントになります。休みをとれば、仕事を頑張ろうという気持ちになりますし、時間の使い方を身につけることにも繋がるでしょう。そして短時間で的確な行動計画も立てられます。午前休をマイナスにとらえるのではなく、午前休の理由を述べて、出社した時にはメリハリをもってしっかりと働きましょう。

午前休の連絡は基本的に事前に行い取得しよう

役所の手続きや免許の更新など、事前に分かっている場合には、行く日にちが決まり次第早めに上司に連絡することが必要です。自身の体調不良や子供を病院に連れていかなければならないなど、当日に午前休を取りたい場合には、上司に出社できる目安の時間も伝えておきましょう。午前休が必要な場合、理由を伝えることを前提に、だれもが取得できるものです。こうした理解は会社全体で持つことが理想といえるでしょう。

午前休をとる時の業務に関する留意点

ただ、やってはいけないことが、午前休をとることで自分の仕事を人任せにすることです。自分の仕事は、自分で責任をもって請け負う必要があります。特に、前もって午前休を取る日がわかる場合、その日の業務に影響がでないか確認しておく必要があります。もし、外せない業務が入っているのなら、引き継ぎできる人に伝えておくのもマナーです。午前休は、ある理由のために休暇をとる必要な手段です。会社の人との連携を大切にしながら上手く活用していきましょう。

午前休をとるためには理由をできるだけ早くに連絡しておく必要がある

午前休の理由は、役所での手続きや体調不良などさまざまあります。当日に午前休をとる場合には、何時頃の出社になるのかをすぐに伝える必要があります。また、事前に分かっている場合には、前もって伝えて業務での引き継ぎの有無を確認しておきましょう。本当の理由を述べたうえで、会社に迷惑をかけないように午前休をとっていくことが、社会人としてのマナーです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス