国家公務員昇格時期に選ばれる人とおさえるべき重要項目

2016年12月12日公務員, 昇格

国家公務員昇格時期は年2回実施される

Office 881758 1280

国家公務員昇格時期については、基本的に2回となっており、4月と10月に昇格が認められることとなります。国家公務員昇格時期が近づいてくると、徐々にですがその情報が流出してきたり、次はあの人が昇格するという話が出るようになります。大体この時期に昇格が認められるのですが、話については結構前に出ているのです。

国家公務員昇格時期までに昇格の話を出すことが重要

国家公務員昇格時期までに昇格について話をしておかないと、これからどのような立場になるのかわからないままです。大きな昇格が行われたり、立場的に上の状態になるなら、国家公務員昇格時期前に話は必ずあります。そして重要な話を聞いてからしばらくして、本当に昇格したことがわかる辞令が交付され、実際にその立場で仕事をすることになります。

国家公務員昇格時期は4月の時期が重要

特に4月の国家公務員昇格時期が重要になっていて、ここで多くの人が辞令を受けることとなります。4月というのは、新卒の国家公務員が配属されることとなるため、その前に人事を済ませてしまわなければならないからです。この時期は多くの異動が行われることになり、別の部署に配属されることも珍しいことではなく、当たり前のように行われます。

10月の国家公務員昇格時期は4月ほど重要ではない

一方で10月にも国家公務員昇格時期は用意されているのですが、この時期はあまり期待することができなくて、そこまで昇格が期待できることはありません。4月で大体終わらせていることが多いため、10月というのは残っている人の昇格を考えるかどうかという話になります。そのため国家公務員昇格時期としては、4月のほうが相当重要になっています。

国家公務員昇格時期が通常と異なる場合は遅れて人事発表がある

一般的に4月と10月に国家公務員昇格時期は用意されているのですが、話を受けることがそれよりも前で、8月に昇格という話が生まれることもあります。変なタイミングで国家公務員昇格時期が来ているような気がしますが、正式にはもっと後に人事が変更されることとなるため、話についてはかなり先のこととなります。

緊急の場合は国家公務員昇格時期がずれることもある

担当している人が病気になったり、亡くなるなどの問題が発生した場合は、緊急という形で国家公務員昇格時期が訪れることがあります。その人の穴を埋めることとなりますので、担当者が変わることとなります。ここで昇格が起こる可能性もあるので、急に話もないのに昇格することがあります。これは稀なことで、基本的には国家公務員昇格時期にあわせることと考えておくのも重要となります。

昇進に選ばれる人は国家公務員昇格時期を把握することが重要

国家公務員昇格時期に選ばれる人とおさえるべき重要項目ついて、ご紹介いたします。国家公務員昇格時期については、年2回という少ない回数となっていますが、一般企業に比べれば2回というのは多くなっている事が重要です。また国家公務員昇格時期の前に、話を受けることがあるため、余程の立場であれば相談を受けることが絶対にあります。急に昇格が決まっている場合は、相当危機的な何かがあり、それによって急な人事が発生したと思っていればいいです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月12日転職

Posted by BiZPARK