手取り万14万円での一人暮らしから知る低所得の厳しさ

手取り

手取り14万円の一人暮らしでは生活するのが精一杯

Building 807799 1280

働いても中々裕福な生活が出来ないというワーキングプアと呼ばれる人が増えているようです。同じような仕事を行っていても、会社によっては給料が全く異なります。ですので、入社時の条件はとても大切なものですが、入社して頑張れば昇給するという甘い考えの人も少なくないでしょう。中には手取り14万円という人もいます。

家賃・光熱費・食費を差し引くと殆ど手元に残らない

手取り14万円では、家賃や光熱費、食費を差し引くと殆ど手元に残りません。しかし、その僅かに手元に残ったお金で生活をしていかなければなりません。これはとても大変な事です。娯楽に費やすお金は勿論、会社帰りに友人と飲みにいくことも出来ません。手取り14万円でひとりで生活をしていくには限界があります。急な出費が続いてしまうとたちまち対応出来なくなってしまいます。上司に昇給の相談をするか、転職を考えたほうが良いかもしれません。

一人暮らしで節約をしすぎると心が荒む

お金があれば幸せとは限りませんが、ある程度の暮らしを確保するためには収入はとても大事な要素です。節約しながら生活をすることは時には楽しくもありますが、ギリギリの生活を守るための節約では心が荒んでしまいます。最近では手取り14万円で働いているサラリーマンも少なくないようです。

副収入を得て生活にゆとり持たせよう

田舎暮らしならわかりますが、都心で一人暮らしで手取り14万円では豊かな生活が望めません。節約でなんとかなるレベルではないので、根本的な対処が必要です。休日を使って副業を始めるというのもひとつの手段です。副業で毎月2〜3万円の収入があれば、生活は大分楽になるはずです。手取り14万円だけでは、急な出費が発生してしまうと即アウトです。副業で少しでも副収入を得て生活にゆとりを持たせて、余裕ができたら貯蓄にも回しましょう。

男性だけでなく女性も低所得の生活に悩まされている

平均年収を見ると誰もがそれなりの収入を得ているように思いますが、あくまでも平均です。ごく一部の富裕層が平均を上げているという状況です。平気を遥かに下回る人が大勢います。手取り14万円という人もそれほど珍しくはありません。このような厳しい状況を強いられるのは男性のみならず、低所得で困っているのは女性も同様です。手取り14万では生活を守るだけで精一杯でしょう。手元に残った僅かなお金でやりくりをしていかなければなりません。

昇給の交渉や転職も視野に入れよう

一人暮らしをする人にとって手取り14万円は生活ギリギリのレベルかもしれません。手元に残った僅かなお金でやりくりをしていかなければなりません。この先もずっと手取り14万円という状況ではいつか生活が破錠してしまうので、昇給の交渉や転職を考えた方が良いかもしれません。

手取り14万での一人暮らしは生活費を差し引くと殆ど手元に残らないので副業や転職を視野にいれよう

手取り万14万での一人暮らしからみる低所得の厳しさについて紹介しました。一生懸命働いても中々豊かな暮らしや生活ができないという人が多いようです。手取り14万円で都心で一人暮らしを行っている人も少なくありません。手取り14万円での暮らしはイレギュラーな出費があった時に対応出来なくなってしまいます。昇給の見込みがなければ転職を考えたほうが良いかもしれません。一人暮らしを行うには少なくとも手取り16万円は欲しい所です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月6日転職