仕事が趣味と言える人の特徴とは

趣味

仕事が趣味な人の特徴①【やりがいを見出している】

1024 cc library010001397

毎日長時間働いているとか忙しくてあまり休みがないということを嫌だとか、そんな会社は辞めたいと考えているような人は、少なくとも仕事が趣味とは言えないでしょう。逆に仕事が趣味だと言える特徴は、同じように大変な仕事をしていたとしても、今の仕事を好きでやっていて、仕事自体にやりがいや楽しみを見つけている人たちです。

仕事が趣味な人はいつも仕事をしている

極端な話ですが、仕事が趣味という人はいつでも仕事をしている特徴を持ちます。会社で休みもなく仕事ばかりしているという訳ではなく、会社以外でも仕事にかかわることをしている特徴が多いです。例えばプログラマーの人が家に帰ってからもプログラムの勉強をしたり新しい構想を考えたりする特徴とか、研究職の人で休みの日でも自分の研究関連の施設に出かけていくという人が特徴として結構多いようです。

仕事が趣味な人の特徴②【スキルを極めたいと思っている】

仕事が趣味という人は専門職の人が多い特徴があります。例えばデザイナー、プログラマー、翻訳家、研究職、投資家などなどです。こういった特殊なスキルを必要とする人はその専門分野をもともと好きでやっているということと、プロフェッショナルとしてのスキルを極めたいという欲求を持ちながら仕事をしている特徴が多いのかもしれません。

仕事が趣味の人はその道を極めたいという願望が強い

専門職の人たちは特にその分野の仕事が好きで、さらにその道を極めたいという願望が強いのでしょう。そのため普段の仕事もあまり負担に思わずできないことはできるようにしたいと思い帰宅後や休日でもその作業に取り組んでしまいます。つまり厳密には仕事が趣味というよりは仕事を極めたいが故の勉強熱心な特徴がある人ともいえるのでしょう。

仕事が趣味な人の特徴③【プロ意識も持っている】

最初に仕事が趣味というとネガティブな印象があると書きましたが、こうして考えてみると、仕事が趣味ということはすごくプロ意識を持っている特徴がある人と取ることもできるようになってきます。 今の仕事が嫌な人はしょうがないですが、好きで始めた仕事ならば、せっかくですから、いっそ「仕事が趣味です」といえるくらいになってみてはどうでしょう?

仕事が趣味と言える人になろう

ここで紹介しているパターンの人は極めようという姿勢から仕事が趣味のようになってしまっているのです。確かに多くのイメージのように仕事人間だったり他に趣味と呼べるものがないからつい仕事が趣味になってしまうというネガティブなパターンの人もいるでしょう。仕事が大好きでこの道を究めたい、だから仕事を趣味のように考えている、と説明できる人ならばどんどんその特徴である姿勢を貫いていくもがいいでしょう。

仕事が趣味と言える人の特徴は「やりがいを見出している」「スキルを極めたいと思っている」「プロ意識も持っている」

いかがでしょうか?こうして特徴をまとめてみると仕事が趣味の人は、むしろかっこいいとさえ思えてくるのではないでしょうか?こういう姿勢で仕事に取り組めることはとても幸せだと思います。ただし、仕事が趣味でもいいのですが、できれば他の趣味も見つけてちゃんとリフレッシュして仕事ができる環境を持つことも大事だと思います。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職